KT2

趣味日記


"東北" posts

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


28
Category: 東北   Tags: ---

北東北後記

お疲れ。この世に戻ってきてからというもの、即、体調を崩し病院に運ばれる始末...。一人暮らしは怖いので皆さんお気をつけませう。復帰まで現実逃避と同じ時間を要しました。確実に白神岳登山が原因でしょう。ま、その間するコトないからず~っと北東北紀行記。ダラダラと。記録を記していた訳ですが。顔見知りの方がこのダラダラ日記を発見しているらしく、あまりフザケタこと書けねえな...。なんて、恥ずかしい今日この頃。ま、こんな人間です。今更変われません。北東北。といっても8割、青森でしたが。ダラダラ紀行を真面目に目を通していただいた方はわかると思いますが、結構色んなトコまわってますよね?(そうでもない?)イメージが乏しかった土地でどうなんだろう?という不安は拭えなかったんですが、印象深い旅になりましたね。個人的には周りキッタッタ感はありますね。いや、青森だけか。岩手は花巻だけやったし。遠野のカッパがらみも楽しみたかったしね。秋田も男鹿半島だけ。角館はチト悔やまれる。雨さえ降ってなければ武家屋敷とか。でも、やはりキャンプ。これは面白い。なにより銭がかからない。その分、飯に回せる。出る前に色々調べて必要なものをピックアップしていたのですが、できるだけ少なく。ってのはどうしても。SRなんで。なので今回は宿泊に必要なものだけでと。
$DAIKOKUNIKKI
テント
$DAIKOKUNIKKI
寝袋
$DAIKOKUNIKKI
枕&マット
$DAIKOKUNIKKI
収納
$DAIKOKUNIKKI
荷物
$DAIKOKUNIKKI
積載


全部ホームセンターです。舐めてんのか?そう言われました。大丈夫です。全然逝けます。後で寝込んだ程ですから。いやいや。んー。1日目のチェリリン村は寒かったけど、貼るカイロ寝袋の中に貼ってたら寝袋に入ってる時は特に寒くもなかったし。後はそんなに冷え込まなかったしねー。新品だから?雨も入り込まなかった。教えてもらってたから窪地にテント張ることはしなかったし。設営も30分もかからん程度。ホントに。撤収時はね、朝露とか雨の水滴とか拭くのがチトめんどかった。マットはウレタンとかエアーマットとか売ってたんだけれども、キッチンマット。コレの方が良くね?と思って。500円やったし。テントの下に銀のペラペラやけど。背中痛いとかなかったよ。コンクリじゃないしね。土や芝生はクッション効くのね。灯りはLEDのヤツと頭ライト。頭ライトはいる。そう思いました。コレと着替え2日分ぐらい?で、ケツに縛り付ける。ゴム紐系は保険程度に考えましょう。ホームセンターの工具売り場なんかに置いてるラチェットついてるナイロンバンド(?)みたいなヤツ。で、がっちり。車高があがるね。コレね、信号待ちでは背もたれになるの。セパハンではかなりありがたい。走りにくいけど。やっぱり荷物気になるのよね。男鹿半島なんて荷物ないからめちゃ面白かったし。そう考えるとサイドバックみたいなんがええんかな?コレぐらいならポンポンと入れれそうじゃない?でも、テントキャンプやったおかげで、コレからはどうにでもなるわ。と。甘かろか?何より面白すぎ。お酒呑めればもっと楽しいんやろうけどね~ステップアップ考えれば「火」かな?やっぱり。朝は沸かしたいね。で、携帯ボンベみたいなのみんな持っていましたが、あれってどうなん?火の"持ち”とか。ちっちゃいけど。ちっこいカセットコンロだと外道なんだろか?GASもドコでも売ってそうやし。まー荷物が膨らむしね~パッキング術を覚えないといけないね。片付けとかダメなのよね。O型なんで。とりあえず詰め込んどけみたいな。荷物といえばカメラ。旅先だからいいので撮影したいって思うても。あの塊はナカナカに邪魔やね。まー登山は置いといてもダ。デジイチってなんだかんだ気ぃー使うしね。でも、やっぱり広角は欲しいね。明るいレンズも欲しい。手ぶれ補正付きが欲しい。めんどくさがりなワタシがレンズ交換しながら歩き回る姿は想像できませんが。んー。そうそう。だからってRICOH GR Digital。旅で単焦点でちゃ~んと考えながら撮影なんてできやしねぇ。撮れないものは撮らなきゃいいなんてカッコつけてらんないっす。ZOOMをくれ。コンデジ買おかな?GX200がいい。銭はない。マイクロフォーサイズってなんでまだあんなに高いん?んでアノ系統ってなんでアノデザインなんやろ?もうちょいアジが欲しくない?

ゴールデンウィークとは言え北東北だったもんで冬装備で行ったけれども、昼間は暑かったね。最高24℃やったけ?相変わらずフライトジャケットでしたが、中はTシャツでOKでした。日が傾く頃にはキャンプ場やったし。朝は寒かったけど。フライトジャケットの下に着込んだり脱いだりしてたしジーパンの下にヒートテックは履いてたけど、コノ辺の寒暖差が帰ってきてまいっちゃった原因のひとつでもあるのかしら?ジーパンはフルカウントの1108Z。久々に激写。チト色調おかしいね。洗って数日後。濃いね。フツーの1108はもっと全体的に青になっていってたと思うんやけど。嫌いな落ち方ではないんだけれどもナンカ"キレイ”な落ち方過ぎる気がしないでもない。ま、感覚的なものですか?今度はライトオンスの買お。それよりベルト買お。
$DAIKOKUNIKKI

帰ってきてから体調がよくなるまでホント同じだけの日数を要しまして。で、復帰してからまずドロドロになったバイクをば洗いました。ざっと水洗いで泥を落とすだけですけど。磨こうとも思ったけどシンドイ。んで、リアタイヤ。ど真ん中しか削れてない情けないTT100。
$DAIKOKUNIKKI

違うヤツにしようかな?とも思ったけどフロントはまだまだキレイなもんで。もったいないし。今度もTT100。新品だから滑りますよ。って言われた。でも、ブレーキかけた時の変な挙動は、やっぱりタイヤが原因だったみたい。タブン。きっと。そうだろう。んで、慣らし終わったし。オイル交換。腰上OHの後の再チェックもかねてショップへ。青森行ってきたゆーたら、おー言われたけどアキレられてるね。タブン。きっと。そうだろう。エンジンは問題ないけどピストンとシリンダーのクリアランスは開いてきてるんだから無茶すんなよ。と。はい。できません。怖いから。キャブレターの話を聞く。やっぱりね。次は。銭ないけど。FCR。TMR。YOSHIMURA。んー。付けてみなくちゃわからんね。やっぱし。というか今のドラムブレーキでキャブ変えてええんだろか?とりあえずもうチョイ悩んどく。リアサスも変えたいし。使えそうな銀色のバネのリアサスどっかない?デイトナかPPMCかカヤバにしとこかな?見た目はタンクか?タンクね~立ちゴケでボコボコになってきてるしねーでもナンカ、ピンとくるのが。値段のこともあるしね。今と同じのでキレイなの探そかな?なんだかんだで今のタンク好きみたい。とりあえずもうチョットちゃんと復帰したらちゃんと整備する。

北東北。バカにするもんじゃない。行ってみなさい。

そんな今日この頃。チト抜け殻。もうちょっとしたらチャンとする。はず。きっと。
iPad。デカクね?

スポンサーサイト


24
Category: 東北   Tags: ---

北東北06(帰る)

AM 6:00。起床。サクラが眩しいでございます。天気がええもんでもうちょっと居りたいけど、帰らなあかんのでね。やっぱりこの時が一番寂しゅうございます。テントの撤去も慣れました。チャチャと済ませて一服。名残惜しいけども出ますかね。
$DAIKOKUNIKKI


AM 7:30。日本海側南下して秋田港到着。チト早いね。この日は平日なもんでそんなに人もいない。けど、フェリーターミナル内はけっこうな装備した警備員が出入り口をはってました。世捨て人になってたもんで全くもって世間の情報がないのよね。なんかあったの?暇なので周辺散歩。釣りしたいね。ローソンよって食料を買い込む。で、乗込むフェリー見ながら朝飯。東北最後の飯がコレってのもアレやけど。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


フェリーに乗込みます。とりあえず洗濯。風呂。で、探索。来るとき乗ったヤツと違うけどそう大差ない。フェリーってのはそんなもの?売店で雑誌新聞文庫小説。読み終える。ウソやん!穂積負けたってよ?ありえへん。天候も雲があって見晴らしが好くもなく。ま、軟禁です。寝る。寝る。起きる。寝る。寝る。やっぱり丸一日船ってのは長いね。ま、特に何が起こることもなく福井県敦賀港到着。帰ってきたー!!!って一瞬、思ったけど、冷静に考えてみたらまだ150kmぐらいあるのよね...。ちょっと雲行き怪しいけど降ってないね。このまま行こか。R8は敦賀バイパス。山越え。濃霧だね。そしてチト降ってんのかな?トラックがガンガン走る。で、水をガンガンぶっかけてくるの。こりゃアカン。道の駅?やっけ?で、カッパ着用。荷物もゴミ袋に包む。90�ゴミ袋。持ってて良かったやろ?休憩してたら同じフェリーに乗ってたXR250の人が雨宿り(?)に。お話を聞くと秋田の人で、これから四国へ向かうんだと。マジで?とりあえず京都に行くとのこと。道、聞かれたもんで一緒に走る。R161でひたすら琵琶湖を南下。琵琶湖でかい。雨もやんだけど路面濡れてビッチビッチ飛んでくるもんでそのまま。平安神宮まで走り、XR250の人と別れる。無事辿り着いたんでしょうか?お話、面白かったでございます。ワタシのお勧めの場所が気に入っていただけてたらいいんですけどね~。京都>大阪。消化試合はキツい。PM 1:30。帰宅。泥のように眠る。




南の池記念公園>秋田港
約33.7km
福井県敦賀港>おうち
約150km

全走行距離
約1550km。
お疲れ。


23
Category: 東北   Tags: ---

北東北05-02(なまはげ02)

PM 12:30。さて、どうしましょかいね?北っかわ走って戻るにしてはまだ時間あるね。なので、なまはげライン。なまはげラインって名前がいいね。アップダウンはあるけどカーブってカーブはほとんどない快走路でございます。水田や畑がならんで牧歌的。よいよい。
$DAIKOKUNIKKI


そんな感じから一気に芝山。うん。寒風山。惜しいね。ここも茶色色。これ緑だったらキレイやろね~駐車場に停車。バイクもクルマもいっぱい。展望台に上がります。この距離でも筋肉痛なワタシにはキツいのよ。展望台の上の所は回転してます。ん~?回転スピード遅くね?ガラス窓に虫がいっぱいやし...。回転しなくていいからタダにしてくれぃ。霞んでるけど眺めはヨイヨイ。緑色が欲しいとこですな。なまはげ。駐車場に戻って、きりたんぽ。秋田やしね。みたらしのタレ。おいしいね。喉渇く。お店のおばちゃんがお茶くれた。ありがとさん。駐車場の裏手でパラグライダーやってた。気持ち良さそうやねー。でも、お空に浮かぶ勇気はございませぬ。怖くね?
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


PM 2:00。んー。戻ろ。なまはげライン引き返す。地図みてたら内地側あんま行きたそうなとこがなかった...。ず~っと戻って八望台。高松宮殿下が名付けたとか。火口湖と海が一望できてかなりいいトコです。なのに、メチャクチャ過疎ってるの。隣に売店みたいな建物があるんですが、看板にね”八望台をもりあげる店”デカデカと。で、廃墟...。悲し過ぎますぞ。穴場?
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


PM 3:00。男鹿水族館GAOでご休憩。遊覧船でお魚見れんかったからね。1,000円。お魚いっぱい。キレイでございました。ペンギンもシロクマもクラゲもいて、めちゃくちゃ堪能。したけど、コレっていうウリが欲しいかも。いや、ホントよかったけど。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


もうええやろ。テントに戻りまっしょい。日が傾き始めたもんで、わざわざ北っかわ走って帰ることもなかろう。ってなことで、県道59号を再トレース。走って楽しかったしね。やっぱり楽しい。景色も霧がなくって最高に好いですな。でもね、リアブレーキかけた時なんかケツがちょっと挙動がおかしくね?みたいな。なんやろ?思て停まってチェック。ええ。リアタイアかなりすり減ってた。当然真ん中だけ。恥ずかしいね。TT100GPはグリップするけど消しゴムみたいにすり減るよ。って聞いてたけれども。出る時はまだイケルと思ってたんやけれども...。当ブログの過去データを遡るとコレに変えたのは去年の3月。ん~走った距離とか考えたら当然っちゃー当然?減り過ぎ?フロントは全然なんやけどそんなもんなのかしら?キャブより先、変えなあかんね。景色はとっても好い。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


PM 6:00。南の池記念公園。テント。宿泊者は入れ替わってる。バイクから降りるなりオッチャンが近寄ってきた。「あのテントお兄ちゃんの?連泊?イタズラとかない?」イタズラ?なんかされてたんやろか?って一抹の不安。話を聞いてると、このオッチャン前にテント破られてたことがあったらしく...。そんなコトする人おるんや...。ワタシのは大丈夫。んで、風呂。大潟村温泉保養センター。昨日行ったとこね。まだ明るかったので菜の花がよく見えまする。キレイやね。風呂から上がって、飯。探すのメンドイからココで。ネギトロ丼。ん。ウマい。ゆっくり休憩して。戻る。軽くお話しするも明日はフェリーの時間があるからね。寝坊する訳ニャいかんので早めにご就寝。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI





男鹿半島
約157km
楽し過ぎ。


21
Category: 東北   Tags: ---

北東北05-01(なまはげ01)

なまはげ。
秋田県です。最終日。この日で最後。次の日のAM 9:00には秋田港に着かなきゃならないの。AM 6:00。やはり足キテル。朝起きましたら激濃霧でございます。テントはビチョビチョ。しかし皆さん起きてましたね。さすが。霞んで見えるサクラはまた一興であります。昨日、温泉でニュース観ながら戦略練ってたんですが、やはりサクラがドコもえらいキレイであると。で、本日どうしませう?リベンジ角館ってのもアリだと思ったんですがね。やはりニュースに映ってた人ごみがチョット。で、メンドクサイからこのまま南の池公園に連泊しちゃおうと。荷物も邪魔やしね。慣らし運転も終わってるし(オイルそのまま)テントそのままにして身軽に走りまっしょい。と。なもんで丸々一日男鹿半島。決定。ちょっとゆっくりして、挨拶してまわって出発。が濃霧だね。
$DAIKOKUNIKKI


県道41号を南下して県道59号。男鹿半島を南側から。AM 9:00。鵜ノ崎。ココから海岸沿いの道ってかんじですね。天気予報は本日晴れるゆーてたが、ホンマか?今にも降りそうな感じでございます。っつーか、あの人、荒れ狂う海の中で何してんの?路面が濡れててチョイ怖い。ので、飛ばしません。良い道路ですよ。日本海にダイブはごめんでございます。でも、ケツに荷物がないってやっぱり走りやすいね~。妙な気を回さんでヨイ。ゴジラ岩。ゴジラ岩だね。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


AM10:00ぐらいかな?霧が晴れてきたら、太陽がお元気です。ホント一瞬でウソみたいに快晴。秋田県。男鹿半島。といえば、なまはげ。記念撮影。道はね、THE海岸道路。アップダウン連続カーブ。景観も良いし面白すぎる。秋田には嫌われていると思ったけど、本日は好いね。風も強くないし。身軽だし。何より交通量が少ない。やっぱりさっきまでの濃霧が皆さんの足を止めましたか?ずっと、慣らし運転縛りとか原付が飛ばされる程の強風や後ろの荷物の邪魔さ加減で、ガッツリ走れなかったもんで楽しーてしゃあない。AM11:00。素潜り漁師雄和丸の店。早めの昼飯。マップで岩ガキがうまい。と。が、岩ガキは6月から。なのでウニいくら丼?。もちろんウマい。けど、サザエのつぼ焼きが。最高じゃ。ワタシ大好きなの。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


走る走る。快適なスピードで。AM11:30。なまはげ。
$DAIKOKUNIKKI


は、入道崎。男鹿半島の先っちょね。遠くは霞んでるけど天候も良く、ドーンといい原っぱ。そして海っ!鷹?が、結構頭スレスレに飛んで面白い。おお~いいね~先っちょの先っちょに灯台がありまして、この灯台。モノトーンな横縞模様。なかなかカッコ好くない?中は螺旋階段になってまして入ることが出来ました。なんぼ払たっけ?で、灯台のトコから見下ろすとすげー絶景でございます。ちょいと早かったんだろうね時期が。もう少し経てば全面緑色じゃないかしら?ホンマにCMで使われてそう。ココは来て良かった。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


んで、スピーカーから海底透視遊覧船がありますよー。と。船の底の一部がガラス張りになっているらしく海の底を観ながら遊覧できるという。なかなか面白そうじゃない?ガクンと断崖絶壁なんですが階段になっていて降りることが出来ます。なまはげ。30分1,000円。んーチョイ高い?時間があるので磯場を散歩。水キレイじゃないですか。いいね~キラキラ。小魚が群れで泳いでるのが見える。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


遊覧船。漁船を改造したんかな?なんかお祭りの金魚すくいみたい。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


...。お魚が一匹たりともいない。クラゲは浮遊してるけど。で、キレイに見えた海水もチョコッと水深があると全く何も見えねぇ。金返せ。入道崎は一見の価値アリ。

つづく。


18
Category: 東北   Tags: ---

北東北04-02(キテナイ日)

登山口まで降りてきてもスグに動く気力は無い。なんて虚無感。さて、どうするよ?とりあえずワタシは腹が減ったのです。温泉?入りたいね~。が、今、温泉入るとその後、確実に寝そう。風呂に入るという行為は、予想以上に体力消耗するコト。と、教えてもらったサ。とりあえずR101を南下する。登頂できなかったんだから十二湖でいい風景観れば良いんじゃね?とも思ったけれども、なんかマイナス側に走るのがヤだったの。R101。曇ってる。さっきまで燦々と降り注いだ太陽は何処へ?まあ、どうでもエエわ。降らんかったらね。PM14:30。ちょうど青森と秋田との県境。のトコの飯屋。イカが吊るされてる。コウ見るとイカってかなりオカシなカタチのイキモノよね。飯屋はいっぱいだったね。チョットだけ待ってご案内。バイトの娘?カワイイ?「お座敷でよろしいですか?」「いや、ドロドロなのでテーブルでお願いします。待ちますので。」待つ。ご案内。で、ホタテ丼。貪り喰らう。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


満腹。地図を見ながら戦略を練る。もうちょい南下したら青秋林道ってのがあって、世界遺産白神山地への最短ルート。と。林道とはいえ全線舗装って書いてある。駐車場から徒歩40分で二ッ森の山頂。ほほう。40分か。行けるか?リベンジしとく?行けるやろ?達成感。これは今のワタシにとって一番重要でないのかぃ?天候は?降らんやろ。降ったら降ったで話のネタになるでないか。よし、行きませう。R101南下。ハタハタ館。あ~ハタハタ食べれば好かった。八森から山側へ突入。キレイな路面やないか。走りよい。気持ちいい道は疲れを忘れさせますな。が、青秋林道入口。閉鎖...。6月まで通行不可。キーッ!!ツーリングマップ!!書いとけやっ!!途方に暮れる。脇に停まってたクルマからオッチャンが出てくる。「二ッ森?残念でしたね~こっちの道から真瀬岳のほうに行くよ。登ってもあんまり面白くないけど2kmほど走った所に黒滝ってのがあるよ。」オッチャン。ナイス情報。黒滝、観よ。教えてもらった道に突っ込む。ピシーッとアスファルトがなくなり激ダートっ!!フラットじゃない!4輪の跡が抉れてど真ん中が盛り上がってる。グフォ~っ!!!いっちゃん苦手なんじゃ~っ!!しかも落石の砕けた石がデカいねんっ!!!しかもグッチャグッチャに濡れとるやんけっ!!ビッチビッチ泥が跳ねて飛んでくる。ショートフェンダーでTT100GPは溝が深いのよね。アカンアカンアカンアカン。ムリムリムリムリムリ。Uターンじゃボケっ。オヤジ殺す気かっ!!!
$DAIKOKUNIKKI


あかん。今日はキテナイ日や。恐山でとり憑かれたのかしら?真面目にまわったのに。うん。わかった。今日はやめとこ。サッサとキャンプ場探して疲れを癒しませう。が、地図を見るもキャンプ地マークが出てこねぇ。とりあえず南下じゃ。秋田には嫌われてるのかしら?到着した時も雨やったし。ブ~ンとひたすら走る。記憶はない。で、男鹿半島のちょい上。能代の南。八郎潟があった開拓地。は、大潟村。ド直線。おクルマもビュンビュン。ワタシもビュンビュン。叫びながら。PM16:00。本日の宿泊地。南の池記念公園。トイレあり。無料。ぜ~んぶサクラ。宿泊者は結構いる。
$DAIKOKUNIKKI


挨拶して周り、テント張る。クタクタっす。バイクを中まで乗り入れれないから荷物を運ぶ。おもい。で、まず風呂。ここに来るちょっと手前の所に大潟村温泉保養センターってのを見つけていたので、身軽にして走らせる。菜の花いっぱい咲いてた。温泉。癒されるね~疲れはメチャメチャ溜まってる。ので湯船につかって足モミモミ。水風呂で〆て、足モミモミ。湯船に...何回もループ。長風呂出来ないワタシですが、この時ばかりは長かったですね。どうやったって明日は筋肉痛。ソレはガチ。幾分かでも和らげておかないと。風呂から上がってマッサージ機。こんなん使ったコトないですよ。極楽ですね。で、帰ります。寝ますか?否。
$DAIKOKUNIKKI


焼き肉パーティー!!うましっ!!色々教えていただきましたよ~メチャクチャ楽しかったです。色々な所から来ていましたね。やっぱり「火」は欲しいとこですね~これゾ醍醐味でしょう。ソレとお酒。コレ呑みたいよね~呑めるようになりたいんだけどね~それでも、仲良くしていただきました。やはり旅人は親切でございます。また、何処かで会いましょうね~



つがる地球村>南の池記念公園
約157km
無駄に徒歩。



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。