KT2

趣味日記


"中部" posts

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


31
Category: 中部   Tags: ---

カタナ狩り8(帰る)

長いのでお暇な方はお付き合いください。

野沢菜おやきを喰いながら黒部ダム。場所的には富山県で、國盗りゲームも一國増やした感じですけど、長野県側からのアプローチでソレはないんじゃねえの?って、声が聞こえてきまして。やっぱり、富山県を侵略したいと。で、だ。まずR147まで戻る。左に曲がれば白馬ジャンプ台。ん”ーっ!!右っ。松本近くまで戻って、岐阜経由で富山県に行こうと。え~と、上高地ってどんなもんかな~?なんて。ってことで南下。R147。やっぱりクルマいますね。渋滞ってワケではないですけど、日差しもキツくなって肌がチリチリ灼けます。前が少し開いて、スピードにノった。そんな時。急に前方から目の前に巨大な黒い物体が飛んできましたっ。バチコンッ!!ぐをっ!!ォゴワッ!!ワタシ、暑いもんでヘルメットのシールド外してたんすよね。ワタシの鼻にセミ。直撃っ!!!で、メガネはズレるし、涙&鼻水ジャジャ漏れ。前が見えんっ!!息ができんっ!いやっ痛いっ!アカンアカンアカンアカンアカンっ!コレはアカンっ!ブレーキッブレーキっ!涙目ながらウッスラ前方を確認しつつ路肩にっ!!あ、エンスト。いや、かまへんかまへんっ。とりあえず停まれたっ!後続車なくてよかったですね~。死ぬかと思いました。
DAIKOKUNIKKI
句読点。
あんまり挙げすぎると怒られちゃうからね。
(°∀°)b



んで、ドコやろ?安曇野辺りやろか?コノまま素直に戻るのもおもしろくねえな~。と。地図も確認せずに右折。せんでもええのに、冒険。タブン、県道25号やと思う。記憶は定かではない。ん~田舎道~って感じのトコで。ココ走っとって辿り着くんやろか?なんて思いながらもクルマもいなくて。気持ちよ~く。やっぱり、クルマの多い国道で排ガス浴びながら走るよりはいいっ!!ってか、結果的にはショートカットできてるやん。で、R158。出たときはね、お~広くてキレイ~と。が、山の方へ進んで行くとですね。じゅ~たいっ!!あ~あ~あ~あ~。ハイハイ。皆さん上高地ですね。上高地どんなもんやろ?パスパスパスパス。さすがですね。しかし、あんなにクルマ停めるトコあるんすか?ノロノロ牛歩走行ですよ。バスでしょうね。残念です。あそこ、そーとー面白い道だと思います。上の方あがると少々細くなったり険しくなったりはあったように思うんですけど景観も変わるし。クルマいなければ。が、トンネル多い。やっぱりね~トンネル。恐いんすよね。中途半端に光量あって。んで、前方車はライト点けるからテールランプ光りますよね。ブレーキランプかどうか確認しづらいとことかあったりして。んで、音も籠るし、我がの体感スピードがおかしくなって把握しづらい。基本、苦手でございます。で、ですね。上高地に分かれる道を過ぎちゃうと、やっぱりクルマいねぇ~ワケですよ。いや、いるんですけど絶対量が少ないし、こっち側走りたかったヒトにとっちゃあ、コレまでの渋滞はストレスなワケで。バビューン。と。安房峠道路。名前聞くと峠っつーからそんなトコ?違います。なが~いトンネル。キレイなんスヨ?ちゃんと整備されてるし。なんやろ?あのね。酔う。三半規管おかしなる。で、抜けて岐阜県。富山に行きたいモンでR471に乗り換え。いや~変わりますな。長野の山と、岐阜の山。ぜんっぜん違うっ!!雰囲気も道も。前、岐阜来た時は紅葉の季節。アレは良かった。うん。でも、正直、コノ時期は長野がいい。空模様も曇り気味やったしね。で、道の駅奥飛騨温泉郷上宝で、休憩。温泉入ろうかな~とも思ったけど、時間的にゆっくりしてられん。既にPM2:00。とりあえず飛騨牛ステーキ丼1,800円。
DAIKOKUNIKKI

DAIKOKUNIKKI



あい。で、R471からR41に乗り換えて富山県富山市突入するんですが、記憶がない。PM3:00。富山県立近代美術館にいた。が、興味がわかない企画だったのでお外の公園で休憩。ん~富山県。今から観光地探して行く気力なし...。とりあえず来たっ。盗った。
DAIKOKUNIKKI
また、今度ゆっくり。



ココからR8でひたすら西ですよ。日本海側最高到達点だった石川県が遠い遠い。もちろん下ね。正直、上でぶっとばせる体力も気力もなくって...。クルマいましたがまーまー走れました。ま、街走りは消化試合みたいなもんで。津幡北バイパス走りきって、前、石川来たときに最高に気持ちよかったのに天候がイマイチだった千里浜に行こうかな~なんて考えも過ったんだけれども、お空をみれば雲が厚いのよね~。日没までは時間あるけどココで遠回りはリスクあるよな~。と。うっすら空が赤らみ始めたかな?ひたすらR8を走るんですけど、なんかええ感じに夕焼けなるんちゃうん?みたいな感じで。夕日スポット探しにスイッチ切り替え。です。R8沿いで。
DAIKOKUNIKKI
PM5:22。どこやろ?小高い丘。見えん。

DAIKOKUNIKKI
PM6:09。どこやろ?加賀?なんかええ感じになてきたよ?


そんな感じで消化試合を楽しみに変えつつ。コレ、千里浜行くべきやったんちゃう~?と。R8沿いなんて、まともにええトコないんちゃうん?海の方出てみる?いや、暗なってきたら、コノR8に戻れるか?迷うんちゃう?なんて。もう、ええかな~と。福井県突入。福井県。前、石川行くとき、通過しただけ。で、國盗りに入れちゃったのね。キたよ。福井県は九頭竜川っ!!!ココしかないっ!!って橋渡って、バイク停車っ!降りて橋にダッシュッ!!!



DAIKOKUNIKKI
幻なんかじゃない♪

DAIKOKUNIKKI
人生は夢じゃない♪

DAIKOKUNIKKI
僕たちははっきりと生きてるんだ♪

DAIKOKUNIKKI
夕焼け空は赤い♪

DAIKOKUNIKKI
炎のように赤い♪


DAIKOKUNIKKI
コノ星の半分を真っ赤に染めた♪


DAIKOKUNIKKI
それよりももっと赤い血ぃ~が~♪








体中を流れてるんだぜ♪









AM0:00無事帰宅。



スポンサーサイト


29
Category: 中部   Tags: ---

カタナ狩り7(黒部の太陽)

R147を北へ。え~と天候。実は右側は曇り空。左側は快晴。どっちに転ぶのかしら?予報では大丈夫っぽいみたいだったんですが、左側やしいけるやろ?安曇野辺りかな?”大王わさび農場”ってのが出てきて。あーゆーとったとこかなー?なんて、思ったんですが、スルー。寝坊したから。こっち帰ってきてから知ったけど、黒澤明の映画「夢」に出てきた水車あったんっすね。行けば良かった...。
DAIKOKUNIKKI


で、R147から左折して県道45号。看板には「黒部ダム」っ。どーしても行ってみたかったっ!!某所で拝見して以来虜でしたっ。Googleマップ観てて発見したが、ゴッホ「夢」美術館。そんなのあったのね。西側に走る。前にクルマも何台かおるもんでたぶん行くトコ一緒しょ?と。ついてゆく。平野から山に変わって、木々が生い茂って。避暑地な感じ。で、楽しい。クルマ詰まってノロノロなんですが、キラキラ日が溢れて、SRのヘッドライト、トップブリッジに木が映り込んで、かっけーっす。んで、途中、バス?聞いてた鉄仮面バスじゃないんやけど?乗り場があって、ヒトが10人ぐらい?道のど真ん中に突っ立って、旗振ってんのよね。工事中?行カレヘンノ?と。クルマもなんか停車しちゃってるし。が、そんなかの一人が、コイコイ。と。「上まであがってください。」???。おクルマの方達は?ま、ええわ。道はオールクリアっ。マイウェイっ!めっちゃきもちええーっ!!で、扇沢。既にクルマもバイクもチラホラ。トロリーバス乗り場にはヒト。やっぱり起きるの遅かった。ま、普通に乗れましたが。鉄仮面バス。5台ぐらい並んでたんやろか?前の車両はヒトが乗り込んでて。かなり詰まってたから、3台目の一番前確保。トロリーバス。え~と、バス。で、バスの上に電車のパンタグラフがついてるの。排ガスが出ないエコロジーバス?ってことかしら?なんか不思議な感じ。
DAIKOKUNIKKI


で、山のトンネル。へ。「黒部の太陽」観ました?SMAPじゃなくって。もちろん裕ちゃんのね。プロジェクトXのも観てたんで、暗闇を喰い入るように見つめました。すげえっす。タダのトンネルと言えばそうなんですが、バックグラウンド知ってるとやっぱり感動します。確かにダムもすごいんですが、このトンネルじっくり見せてほしかった。車内アナウンスで破砕帯がどうこう流れるんですが、見にくいっ!!バスの車内灯消してほしいっす。んで、16分と言わずに、もっと、ゆっくり。
DAIKOKUNIKKI


で、黒部ダム。ダムサイトっ!すごいっ!よくもまあ、こんな山ン中にって。ダム何カ所か行ってますけど、こんな風に両端覗けるようなトコは知らんです。まあ、危険だからなんでしょうが。山沿いにコンクリで壁つくって、遊歩階段(?)で、放水口を上から、んで、放水口目線で。迫力あります。はい。階段もなんかちゃっちーし。正直、谷の底に降りて、下から見上げてみたかった。あそこ、降りれんのやろか?降りれんやろね~。危険すぎますもの...。日もあがってきて太陽光が放水口に舞う霧状の水に反射して虹も出るし。たしかに、自然は雄大ですごいです。が、ニンゲンの力もまぁ~捨てたもんじゃないですね。大自然に喧嘩売った度胸がスゴいっす。
DAIKOKUNIKKI
わかりづらいっすね。超巨大です


DAIKOKUNIKKI
怖っ!!


DAIKOKUNIKKI
噂の階段。確かに心もとない...


DAIKOKUNIKKI
虹。


DAIKOKUNIKKI
黒部の太陽


あー来ちゃった。って感じです。大迫力。立山の方には迷ったあげく行きませんでした。まず、銭。んで、時間。乗り物が混むのは嫌なのです。キレイらしいですけどね~トレッキングはもうお腹いっぱいでございまして。AM10:00。で、どうしようかと。この後ね。地図を見る。着た道戻るルートはなんか、面白くないかな~なんて。が、この場所からだと、北にあがって日本海。松本ぐらいまで戻って、岐阜ルート。ん~。ナゼにこの場所から立山へバイクで走れないのか?と。富山県へのルート少なすぎっしょ...

つづく。



27
Category: 中部   Tags: ---

カタナ狩り6(松本)

で、ですね。ちょっと早いけど、今日は松本で終了です。やはり、朝の山登りは効いております。で、信州。は、蕎麦。蕎麦でしょう。天ぷらざる蕎麦。おいしーですね。イメージ的にもっと黒っぽい感じだと思ってたんですが、違いましたね。蕎麦アレルギーのヒトが知り合いにいますが、カワイソーですなー。で、食しました。で、ですね。四国出身のワタシとしては、やはり、うどんと比較してしまいます。比較しちゃあならんでしょうか?いや、どーしてもね。似たような感じじゃないですか?蕎麦。うまかったです。ホントに。が、高いっ!!わかっております。わかっておりますとも。小麦粉と蕎麦粉じゃあ希少度が違うのわっ。しかしですね~香川のうどん2、3玉食えるじゃあないですか~?そこんとこがね。しかし、蕎麦。腹にたまらん。もんで、もう一店舗。ワサビ菜蕎麦。うましっ!
DAIKOKUNIKKI

DAIKOKUNIKKI


で、ですね。宿もビジネスホテル英世3人。で決めちゃって。このまま今日終わりってのも、もったいないモンで。松本市探索っ!!まず、たまたま見つけた。ココ。
DAIKOKUNIKKI


閉館時刻は過ぎておりました。が、外に展示してあるんですよね。水玉ババァのでかいのが。まったく。水玉ババァとナラはドコにでもおるね。名が売れてるし、カラフルだったり可愛らしかったりで、わかりやすいからヒト呼べるんでしょうなー。ってか、はよ、水玉犬鞄携帯電話買えやっ。閉館してるからヒトもいなくて。庭で休憩。ココ。涼しい。自販機も水玉だった...
DAIKOKUNIKKI
毒チューリップ

DAIKOKUNIKKI


で、ですね。風呂に入りたいのです。で、温泉?探したんですけど、ワタシの走る道には登場してくれなくてですね。銭湯に入りました。スーパーでもなんでもない。銭湯。いや~良かったですね。気持ちよかったですよ。今、住んでるトコの近くにも何軒かあったんですけど、いっこにまとめて、スーパー銭湯になっちゃって。まあ、ソレはソレでエエンですけども、趣きはさすがになくなってるんですよね。銭湯。いいです。おじいちゃんばっかりだったけど。んで、もちろんフルーツ牛乳。おいし。そのあとは、松本城。国宝らしいです。もちろん、既に閉園です。ん~お城。あんまり興味わかないんですけどね。ヘー。と。夕暮れ時で。城が西日に照らされてキレイした。ベンチに座って。ボ~ッと。四方を山に囲まれてるので暮れるのが早いのですかね?ソレともワタシが違う世界へ飛び立ってた時間が長いのか?暗く。暗くなってました。すると、端の方で何やらゴチャゴチャし始めたと思ったら、盆踊り開催。あーコノ感じ。最近ないなー。と。ヒトもまばらで始まった盆踊り。始まると、太鼓の音に合わせて踊り、次々次々とヒトが輪の中に入っていってみんな踊り始める。なんちゅーか、繋がっとるな~と。
DAIKOKUNIKKI


DAIKOKUNIKKI


で、ホテルに帰って眠る。疲れた。AM6:00起床。寝すぎた。出発。空模様は。

DAIKOKUNIKKI
う~ん...



つづく。




25
Category: 中部   Tags: ---

カタナ狩り(美ヶ原)

美術館ですけど道の駅経由なもんで皆さん休憩してるんですな。バイクの駐車量が半端じゃないですね。あんまり多いもんだから、停めるとこ砂利の空き地みたいなトコで。ズリャズリャっ。と。転けてないけど。めっちゃビックリした。ズリャズリャするのはわかってるから、慎重に慎重に進んだのに。TT100ってこんな溝の深いタイヤ履かせたのに...ええ感じの砂利のトコ踏んだのかしら?ソレとも疲れてる?なんにせよ恥ずかしかった...。
DAIKOKUNIKKI
フェンス邪魔


で、美術館。美術館?あれ?館?あー、あったあった。なにやってたっけ?えーと...あっ、写真展。長野の山々での風景や、草花、水辺。そうそうそうそう。写真ッツーか、ホント、油絵みたいやった。腕?道具?ま、両方でしょう。ワタシには無理。コノ美術館は屋外メインですね。天空にある緑の丘の中に点在する、オブジェたち。天候がよかったもんでキレイした。”オブジェ”。難しいですよねー。難解です。どういった考え方であーゆーモン創るのかを楽しんでたと思うのですがね、実はココきてちょっと好きでなくなりました。いや、全体的に見てあの場所自体は、めっちゃキレイで面白い場所で楽しめたんですけどね。あんなもの創るヒトってのは、基本的にヒネくれてますよね?で、写真撮るようになってからですけど、被写体に対してヒネくれた目線で見てやろうとする感覚が強くなってるんですよね。で、オブジェ一個一個、撮影したりするじゃないですか?で、ファインダーの中覗いてるとね、聞こえてくるんですよ。「フッ。その角度。想定内です。」「あ~アリアリ。知ってるけどね。」って声なき声が。もうダメです。いや、めっちゃスゴいし、キレイやし、おもしろかったですよっ。ホントにっ
DAIKOKUNIKKI

DAIKOKUNIKKI
ビーナスの城の展望台?から

DAIKOKUNIKKI
裏山?


で、駐車場に戻って。
DAIKOKUNIKKI
狩ってやったっ
(°∀°)b


さて、走ります。どうやったかな?Googleマップ見ても、ピンと来ないんですが。戻ったんかな?いや~?戻ってないやろ~?ま、気持ちよく走りました。めちゃ楽しいです。あんなトコばっかり走れてたら、ウマくなるでしょうね~が、デスね~、標高高いからですかね?下りでアクセル戻すと、パンパンゆーんですよね。んー。ジェット?そんな調整してなかった...パイロットジェットいじってやっとけばええんやろか?ちゃんと調べトコ。で、ですね。キレイなビーナスライン抜けて、下っていって。松本へ行こうと。で、標識通りに走るんですよ。そしたら、前も詰まってきて。風景も絶景ビューから普通の道みたいになってきて。パンパンも言わんようになってきて。で、ですね。前方に看板が出てるんですよ。「松本近道>道細い」って。そら、ソッチ行くっしょ?バイクやし。クルマも何台かソッチ曲がってるし。ま、細いですけど走れますわ。そしたらデスね。モノごっつい下り坂が出てきて。また、長いこと続くんですよっ!!地面もアスファルトからコンクリミタイなんになって、凸凹で。ヌォ~っ!!!!と。で、さ、前のクルマの速度がまた中途半端で、ヤバイヨヤバイヨっ!!もうチョイはよイケヤッ~!!!と。必死です。必死ですよっ。土下座バイクなもんで、腕にかかる割合がハンパないんす。前後ドラムブレーキなんざぁ信用ならんのですっ。停車しようにも、こんな急激な坂で停車しても気ぃ抜いたら、ズルズルズルっっと行きそうで怖くって。涙目ですよ。斜度を示す看板がありました。なんと17°っっっっっっっ!!!!イヤァ~ッ!!!見ん方が良かったっっ~っ!



なんとか、無事抜けまして、PM5:00。松本市。

つづく。



24
Category: 中部   Tags: ---

カタナ狩り4(ビーナスライン)

朝の軽い運動を終え、またR153に戻りまして北上します。ロープウェイでは雲だらけだった空模様も回復し、青空。ええ感じでございます。が、記憶とんでます。記憶が戻っているのは諏訪湖近辺。さすがに昼前で、クルマも渋滞しておりまして。牛歩状態に耐えきれずに諏訪湖で休憩。なんか花火大会かなんかがあったんですかね?場所取りのシートがソコカシラに張ってありました。諏訪湖。なんか濁ってますな~夏の暑さで発酵状態ですか?しかし、混んでますよ。クルマ。タバコふかしながら諏訪湖周りの道路を偵察しますが、全然動いてないっす。観光マップ見てルートを。目指すはビーナスラインでカタナ狩り。で、ビーナスラインにはドコから登るんでしょう?地図見てもどの道がドコなのかがわからず、流れに身を任せる。コノヒトタチ全部ビーナスライン行キッショ?
DAIKOKUNIKKI


と、だらだら進むと下諏訪。下諏訪。行き過ぎ。全然行き過ぎ。諏訪湖一周する気かい?戻る。とりあえず上諏訪でガソリン補給。店員さんに聞く。ココからだったら県道40かな?と。県道40に入るとなぜかオールクリアでクルマがおらん。みんなドコに行こうとしてたんでしょ?ドウデモエエっ!いなくてよろしいっ!きもちいいっ!!まず、霧ヶ峰?エアコン?ああ~。わかりますよ。だって涼しいものっ!!寒くもないし。快適ですっ。で、わかれる訳ですよ。中途半端に県道40から登ってきた分、ビーナスライン中腹なのね。難しい選択です。計画ではマリー・ローランサン美術館>白樺湖経由だったんです。特にマリー・ローランサン美術館は行ってみたかったのですが、泣く泣く却下。というか、霧ヶ峰の道の駅に入りたくて左に曲がったのに入口行き過ぎちゃって...バイクがい~っぱい停まってるのね。んで、タブン、タブンですよ?こんなトコ、SRのセパハンの土下座バイクが走ってるの珍しいのか、なんか、ものすご~く、見られてる気がした訳ですよ。笑われてんのかな?みたいな。そんな前で、Uターンして、その中に入るのってめっちゃ恥ずかしく思っちゃいまして~。で、見晴らしのいい路肩に停めて、休憩。PM12:00いい景色。
DAIKOKUNIKKI

DAIKOKUNIKKI


ビーナスラインいいですね~道は広いしキレイやし、景色はいいし。不安だった混み具合も全くそんなことなくって。が、鼻歌まじりに走ってると、いつの間にかすぐ後ろにバイクがいるんですよ。パッシングされてるんです。景色観ながら優雅に流しているので気づきませんでした。ってか、さっきまで全くひとりで走ってたのに。ビックリしますよ。モンスターバイク恐るべしデス。怖いもん。で、クルマよりバイクの方が多いんちゃうか?ってくらいバイクいるんですよね。かっとびバイク。もしくわハーレー系アメリカ~ン。わかります。バイクで走るには最高です。で、ココでカタナ3連星に抜かれたのですよ。ジェットストリームアタックをかけられることなくアッサリと。SUZUKI GSXですね。あんまり詳しくないもんで排気量とか年代とかはわかりませんが、あの特徴あるデザインは一発で見分けつきますね。全部別の色でした。で、ね。追イカケロッ!!狩れっ!!と。が、カーブ曲がったら既に見えず...。さすがカタナ。あっさり辻斬りされました。まあ、SRで追いかけること自体ムリがありますが。三峰台で休憩。深呼吸。うまいっ!!
DAIKOKUNIKKI

DAIKOKUNIKKI


延々こんな感じの風景が続いて。道もええ感じにクネッテるし、だからって道はキレイなもんで。急激な坂はないし、最高ですね。そら、皆さん走りますな。ビュンビュン抜いていってくださいます。カタナはおらんか?カタナはおらんか?と。いたっ!!おりゃっ!!狩れっ!!が、やはりアッサリ。ま、そんなもんです。走ってたらクルマもいて詰まってくる訳じゃないですか?えげつない煽り方してるバイクもいましたね。クルマのケツに張り付いてドケっ!!みたいな。アレはあかんでしょう。時期的にも盆休みなんだから色んなトコから観光しにきてる訳ですし。ぶっ飛ばして走りたいなら、コノ時期に走るのは間違ってるんでないかと...。あんなことしてるからバイクってイメージ悪くなって、街中で煽られるんじゃ?まあ、騒音とかヒラヒラウットオシイってのもあるんでしょうが。ってか、あそこポリさんはいないのかしら?で、楽しく走りまして。PM1:00。目的地。美ヶ原美術館っ!!クルマ多っ!!バイク多っ!!!
DAIKOKUNIKKI


つづく。




1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。