KT2

趣味日記


"チャリ" posts

--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


01
Category: チャリ   Tags: ---

大久野島

クソ長い記事です(*´Д`)=3

シルバーウィークが終わったのでトレーニングをします。
7:00サンライズ糸山サンライズ。
R0015613.jpg
7:30大島。相変わらず死ねる。
8:00伯方島。周回しなけりゃ乗り口スグだから楽。
8:30大三島。MAYAMAXX基地は秘密のままだった。
R0015628.jpg
9:00大三島は道の駅 多々羅しまなみ公園
R0015639.jpg
9:30大三島は盛港。10:00出港スニーカーに履き替えチャリは置いてく。
DSCF1015.jpg

10:15大久野島。別名うさぎ島。
最近ネットとかで有名になってたから連休とかには来たくなかったw
「エサをくれ」と寄ってくるうさぎ。女子供はキャーキャー言ってる。
DSCF1019.jpg
DSCF1039.jpg
この日はクソ暑かったから一面うさぎっ!ってほど密集してなかったけど
日陰でダレてる。ドコにでもいる。そして歩いてると近寄ってくる。
でも目的はオマエらぢゃない。
DSCF1021.jpg
レンタルチャリとかで周遊してる人が多数いますが
チャリ置いてきたのは山歩きの為。
写真撮ってるといつの間にか足下にいる。。。
DSCF1057.jpg

南部砲台跡。
DSCF1068.jpg
遺跡はうさぎの住処と化す。
DSCF1085.jpg
メシをくれ。と寄ってくるが持ってない。やる気もない。
DSCF1077.jpg
発電所跡。コイツはスゴい。
コレ元々階数なしなんだろか?外からじゃよくわからん。
DSCF1130.jpg
デカいくせに壁が薄く感じるんすよね。
紙装甲っつーか、危うい感じ。
「MAG2」弾倉置き場。
アメリカ軍に接収されてた時のペイント。
DSCF1118.jpg
火薬庫。
DSCF1147.jpg
小島のもそうだけど屋根が抜けてる。
貯蔵物が爆発してしまった時に上に抜けるようにチャチく作られてたから
経年劣化で落ちゃう程度の。だったハズ。
DSCF1136.jpg

ウェルカムトゥザジャングル状態。
もしくは水曜スペシャル川口浩探検隊。
DSCF1154.jpg
展望台登頂。暑い。しんど。
DSCF1160.jpg

中部砲台跡。
DSCF1186.jpg
小島も友ヶ島も全く同年代のものなので造りに変わりはないっすねぇ。
DSCF1179.jpg
サイズ的にも変わらない。
ドコのものか?って言われても見分けがつかんw
DSCF1189.jpg

海まで堕ちる。
北部砲台跡。
DSCF1216.jpg
雨水?浸水です。
DSCF1228.jpg
駆け回るうさぎ。
DSCF1220.jpg
まぁ、うさぎが入るとアクセントにはなるか?
DSCF1227.jpg

そして日本の闇。毒ガス貯蔵庫跡。
これが他の要塞と違うトコロ。
DSCF1249.jpg
国際的に禁止されていた化学兵器製造の為、地図から消えた島。
DSCF1237.jpg
黒くススが付いてるのは大戦後GHQが火炎放射器で消滅させた名残らしい。
DSCF1242.jpg

海沿いを歩く。。。暑い。
DSCF1233.jpg
休暇村の脇。中にはクソガキ共の汚い落書き。
DSCF1274.jpg
研究所跡。一時は宿泊施設にもしていたとか。現在は立ち入り禁止。
DSCF1278.jpg
ダレるうさぎ。ウサギ肉ってウマいんかな?
DSCF1282.jpg

坂をのぼって南部照明所跡。
これもほぼ変わらない。
位置とか幅とかは土地の形状によって変わりそうなもんなんすけど。
DSCF1289.jpg
幹部用防空壕。
地中にトンネルのように張ってあるらしい。幹部以外は?
DSCF1292.jpg

13:00フェリー乗り場。船の時間は14:42。
見るものは見た。コノ後のこと考えてベンチで寝る。
DSCF1426.jpg

ヾ(*ΦωΦ)ノ ウキャー!!
起きる。
お子ちゃまタチが各々キャベツ1玉づつ抱えて走り回る。
当然コケる。
。・゚゚(ノД`)` プギャー!!
中々豪快にこけてくれるw一気に散らばるうさぎさんw
転げるキャベツがめちゃシュールw

暇なのでカメラを持ってうさぎ撮影。
こいつら絶えずプルプル振動してるからムズい。
ミスショット増えまくって整理がめんどくさい。。。
ネコと違って突っ込んでくるしw
DSCF1386.jpg
DSCF1398.jpg
DSCF1360.jpg
パッと見カワイイんだけど目をずっとみてると悪魔系の目をしてて怖くなるw
DSCF1382.jpg
マジメに撮影するなら寝そべって背景絡めてって感じなんでしょうが
そこら中フンまみれなのでイヤですw

15:00盛港。チャリにまたがる。
コンビニ休憩。暑い。。。
R0015649.jpg
16:00伯方島。
道の駅 伯方S・Cパーク マリンオアシスはかた休憩。暑い。。。
R0015651.jpg
16:30大島。地獄がはじまる。
17:00大島。2つの地獄坂制覇。
R0015653.jpg
17:30来島海峡大橋馬島昇降口。まどろむ。
DSCF1442.jpg
18:00サンライズ糸山。

うさぎ島。まぁ戦争遺跡では売っていない島ですね。完全にうさぎ押しですw
海もキレイだしキャンプ地もキレイ。
テニスコートも無駄に多いしwリゾート感もある。
外国人にもうさぎと戯れられる島ってことで有名みたいやし
売り方は間違ってなかったんでしょうね。
だから中々行く気が起きなかったw
私はうさぎよりネコが好き。雪兎は別腹w

しかし、少し肩にキテる。距離乗ったとかでなくてリュックの重量のせいだと思う。
ミラーレスとは言えさすがに重さは感じる。
腰は曲げてたけど、ずっと足を回してるからか問題なし。腹、背中の筋肉痛もない。日々の成果は出てる。
ケツ。サドル接地箇所痛くない。固定ローラーでのトレーニングでケツは鍛えられた模様。インナーも履いてたし。
足。激筋肉痛w歩く筋肉とチャリ漕ぐ筋肉は別ものなので大丈夫だと思っていましたが
足のすべての筋肉が悲鳴を上げておりますw

大島やね。すべては。1発目と最後にどうしてもアレを越えニャならん。
あの2つの坂で筋肉終わる。精神的にもw。

走行距離 71.77km
走行時間 3:51
平均時速 18.6km/h 遅っ!w


しかし、ホントに1日でしまなみ往復したのか?コノ倍やぞ?

スポンサーサイト


26
Category: チャリ   Tags: ---

お留守番

チャリです。
お留守番でつまらぬ。
ので
漕ぎ漕ぎしました。

トラック怖い。
路面凸凹。
狭い。
暑い。
面白くない。
もう走らない。

走行距離 59.33km
走行時間 3:01:05


02
Category: チャリ   Tags: ---

大島

チャリダーです。
トレーニングです。
ダラダラ長いです。

糸山公園までクルマにチャリ積んで走りました。
まぁワラワラと人がおりました。
大人気ですね、しまなみ。
で、チャリで来島海峡大橋まで上がり走ります。
料金所。現在チャリ無料。
右にあるのが馬島への階段。
大島-2

腰ヤル前にオクで落としたチャリ。
新車ならまぁまぁの中古SR買える∑(゚ω゚ノ)ノ !!
台湾メイドなのに。ぶっちゃけコルナゴって名前代です。
レースなんざぁでないのにマイヨ・ジョーヌカラーw
No.32号の見ててカッコイイ色だと思ってて。
派手なんだけどシンプルで一目惚れ。
クランクは黒にしたい。。。
転倒でできたと思われる傷がリア近辺にある。
カーボンフレームなのでレースなどに使う場合は怖くて使わない。
ので、投げ売りw
が、こんなもん買ってる場合じゃなかったんだよね。。。orz
大島-3

実は長年使ってた黒キャノンの方がスピードが出しやすいw
なんちゃってロードなのにw
が、サイズが一つ大きいコイツのほうがロングは身体に楽。
ハンドルとシートの位置関係が変わるんで。
で、大島を走ろうと。西側から回る。
大島-4

前にしまなみ往復した時はR317を突っ切った。
あの時は行きは良かったけど帰りは死ぬかと思うほどの坂だったw
海岸沿いをずーっと走ってバラ園。
平坦で快適。バンバン抜かれたけどw
いいんだよ。今回はムリしない。
フロントギアはインナーオンリー。
バラ園は家族連れとカップルばっかだった。
大島-7
大島-6

バラ園出てちょい走ったら
坂が出てきた。。。
軽いギアでリズムよく。。。
リズム感は全くないのである。
キツい。
大島-8

落ちる。
ビビリミッターがあるのでリア引きずりながらなんですが
停まらない下り坂ですw
大島-9

海岸沿いを走る。
まぁ上り下りもあるけどさっきほどではなく。
石切り場?石材店ですかね?多いです。
大島-10

やっと半分。
と、思った。
大島-11

今度ここに食べに行きません?
絶対に間違いないと思うんですがw
大島-12

村上水軍博物館。はスルー。
和田竜の「村上海賊の娘」のなんかやってたみたい。
読んでないのよね。古本屋100円で出たら読む。
で、この博物館の脇が登り。。。
ま、まぁまぁ。。。逝った。。。
当然登れば落ちる。
大島-14

島の東へ。で水分が切れたので漁港の自販機。

カメラが壊れた。。。
時にはメイン。時にはサブ。愛用のコンデジ。
鏡胴が沈まぬ。そしてシャッターも切れぬ。モニターも何も映らない。
バッテリー切れかと思いバッテリー変えるもこの状態のまま。
マジか。レンズ剥き出し。直るかなぁ。。。
大島-15

漁港を抜けると。
サイクリングコースではないね。
海沿いですが崖なのでアップダウンが激しいです。
地図では結構大きそうな感じですが。
東側あんまり走ってる人いないw
途中で心が折れました。押して歩きました。ムリ。
登りは押す。下りは落ちる。
大島-16

ようやく大きい道へ。
大島-18

その後、最後の登り。コレ超えたらほぼほぼ1周。
って坂。なのに急坂。そして
右内腿下?膝上?アタリが攣る。こんなトコ攣ったの初めてw
攣るなら左足だと思ってたのですが
結局、左足の筋力不足を右足でカバーしてたってコトなんでしょうね。
左右のバランスが悪すぎ。。。
大島-19

登りの途中で足ついちゃうと私はもう乗れません。
乗る気が起きませぬ。
押して登るも残りまぁまぁあってキツい。
大島-20

落下。
スマホカメラ。歪みがすごい。
なんだこのタイヤw
大島-21

道の駅よしうみいきいき。
海鮮七輪バーベキューの匂いと煙すごいw
が、1人でそんなの喰う勇気ないっす。
大島-22

大島1周完了。
ごちそうさまでした。
もういいw
大島-23

インナーパンツは履いてたけど
まだケツが痛いw
当然筋肉痛w
毎日ストレッチしてるんですが股関節カタイっすね。
バイクに跨るのも足あがらんすもんw

走行距離 51.13km
走行時間 2:56:19
押した分含む。
ホントに1日でしまなみ往復したんやろか?
あ、カメラなんでか知らんけど
家帰って1日放置してたら勝手に鏡胴沈んでたw
普通に使えてるw


01
Category: チャリ   Tags: ---

ドロップハンドル

まだまだ寒くてお外に出る気がしないもんだから、クロスバイクのロード化を進めてみた。この時期に替えといて通勤で慣らしときゃあ、暖かくなってきた時にリベンジしまなみしやすいかな?と。いうことで。ハンドルをドロップに交換。っつーことはブレーキ&シフトレバーも交換しなきゃいけない。っつーことはワイヤー類も。ワハハハ。なぜ事故った時にやらなかったんだ...。でも、ま、あの事故の後に修理して、それでしまなみを走って、の今だからねぇ。長距離を走るためにはクロスでは足りないものがあるっつーのがわかった訳であるし。あのチャリで一日で往復するってのが間違っているんだけれども。

こうなった。
チャリ全体2

ハンドルがドロップに変わったもんでハンドルとサドルの距離が遠くなったのでステムを短いモノに。サイコンはワイヤレスにwコード切れたw
ドロップ

フロントフォークはロード用のリジットフォークに交換していたんで、キャリパーブレーキが付けれた。
フロントブレーキ

リアは650cサイズのフレームなもんで、キャリパーが使えず、700c変換アダプターの上にカンチブレーキw
リアブレーキ

んで、今は無きNIKEのビンディングシューズ。アディダスももう無い。普通の靴と変わらないようなのもあるんだけど、専用っぽい形に。ソールはぷらっちっくなので全然曲がらない。もちろんクッション性ゼロ。歩きにくい。そして滑る。が、カツカツ鳴るのはちょっとウレシイw正直ビンディングシューズは、コレかっこいい!!って思うのがナイ。ウェア類も微妙だと思ふ。機能性とかウェアの形はいいとしても、レース仕様みたいなロゴド〜ンっ!は着る気しないんだよね。
シューズ

で、シマノのクリッカー。ビンディング初めてだから怖いんだよね。で、Shopの人に話聞きに行ったら、脱着しやすいこういったモノのがありますよ。と勧められまして。金具をはめ込むと、合体。
シューズ裏
クリッカー


と、なればですよ。走りたくなるぢゃないですか?ねぇ?
近所の人も車も往来のナイ川沿いで練習。見た目はドロップハンドルのお陰で変貌著しいですけれども、それよりもペダルとシューズですな。くっついちゃっている訳ですよ。ペダルとシューズが。くっついちゃってるんだから。踵を外側に捻れば外れるんですけれども、めちゃ怖いけん。これ。忘れて停止すると転ける訳ですよ。足が出ないんだから。信号とかはかなり手前から外しとかないと絶対危険ぢゃわ。急な飛び出しとかあったら終了な気がする。しかしながらですよ。ベラボーに快適ぢゃ。違う乗り物ぢゃ。「踏む」から「回す」へ。ペダリングできてるかどうかは定かではないけれども。明らかに楽にスピードに載る。CRスペシャル入れたみたいw

慣れてきたかな?と調子に乗ってクルマの走る道で山の小ダムへ。軽い上り坂を走る。楽だけどクルマが怖い。んで、どうもフラットペダルのペダリングだと足を捻って漕いでたみたいなのよね。だからなのか、すぐ外れるw外れたら外れたで怖い。ちょっと矯正されてる感じが窮屈。が、軽い上り坂だから、しんどくなるんだけれどもドロップハンドル。で、持つ場所でポジションが変えれるんで分散できるのはスゲェありがたい。
で、ダム。に激坂がある。
むちゃくちゃ怖いけん!!
激坂だとペダル回せなくなるぢゃない?っつーことはスピードは急激に落ちる。つーことは慣性モーメント激減。っつーことは車体が不安定になる。足が固定されてるから車体を支えられない。転ける。コレを解消するためにギアを落す。っつーことはペダルを軽く回せるようになる。しかしながらスピードは出ない。つーことは慣性モーメント激減。っつーことは車体が不安定になる。足が固定されてるから車体を支えられない。転ける。まぁこの一番好いところをチョイスしなきゃいけないんだろうけど経験不足です。何が怖いて、上り坂だとペダルを回しながらビンディングを外すってのが出来んっ!!ホントに転けそうになりながらギリギリで外せた(泣)押して登ったワイ。一般的なビンディングってもっと外しにくいんしょ?バイクで走ってるいつもの小山にもチャリのヒトいて、よくやるなぁとは思っていたけれど、ココにきてコレまで以上に。そしてマヂで。
クライムヒルとかやってるヤツは変態ぢゃ!!
休憩。死ぬかと思た。
ダムちゃり

でも、懲りずに登るw山道をw

登山口への枝分かれで休憩。
三ヶ森入口
三ヶ森休憩

引き返す。
下りは下りで怖い。ドロップにしてブレーキレバーの位置が変わってます。で、ベース?の位置だと握りにくいのよね。で握りやすい場所は最奥の攻撃的な土下座ポジション。で下る。と頭から落ちてる感覚なのよ。御堂筋クンみたいなイメージ。だからレバー握りっぱなしでゆっくり。

麓のコンビニで休憩。調子に乗りすぎた。上りだろうが下りだろうが坂なんか勢いで行くもんぢゃない。大きな川沿いのフラットな道へ。やっぱり平坦な道がいい。ドロップハンドルもビンディングもこういうところで真価を発揮しています。スピードをあげる、スピード維持、疲れた。で体勢が変えれるのは筋肉の使う休むが出来る。足を引き上げる力が使えるんで、足の筋肉も使い場所を選べる。うれしくって結局海まで行ったw
東予海ちゃり

で、帰らなきゃイケナイ。真っ暗になった。

通勤で使ってるけど、楽に走れるようになったんだけど、も。結局、スピードが上がってるのよね。+5km/hぐらい。だから、

なんだかんだでその分、疲れるの。

しかし、マヂで気を付けないと事故る。


31
Category: チャリ   Tags: ---

しまなみ海道(尾道〜今治)

PM12:00
尾道駅前出発。渡船でね。晴天。夏。暑い。

向島。とりあえず町走り。町は興味ないから通過。海岸沿い。バナナボートで楽しむヒト。海水浴でおはしゃぎのヒト。釣りしてたけど暑いから陰で休んでるヒト。を見てるとクソ暑い中なぜにチャリ漕いでんだろう?と、疑問に思う。まぁ漕がなきゃ帰れないからねぇ。
l042
l041
向島終了で、因島大橋で因島に渡るんだけれども。島から橋の上に上がらなくちゃいけないのよね。流石にシンドイ。暑いし。上り坂の適切なギアチョイスが未だにわからん。この橋は下を通るから日差しが遮られて快適。降りるのはメチャ楽。落ちてゆく。が自転車道路なので登ってくるヒトもいるので注意しませう。
l043
l044
因島。ガッツリ装備のドロップ高級チャリンコに抜かれる。で、ちょっと付いて行ってみようと。そしたら、巡航スピードが30km/hぐらいなのよね。ワタシ的には30km/ hの巡航はキツい。チャリ性能や経験値の差はあるにせよ、ソコまで楽なのか?と。やっぱりビンディングペダルかなぁ?
そんなこと思ってたら、ここから地獄が始まる。
ケツが痛い。
とっても
ケツが痛い。
ケツが痛くならないようにインナーパンツ履いたのに。立ち漕ぎしたり、前や後ろに座ったりして分散させてたつもりだったんだけど。クランクを回すたびに尻肉が尻穴に吸いよせられる。こりゃアカン。と思ってインナーパンツの中にタオルを3重ぐらいに折って噛ます。コレでダイブ楽やろ。と思いきや、時すでに遅く1度痛くなったケツの痛みはクッションを増やそうがどうしようが変わらない。ちょっとした段差に腹が立つ。島だからアップダウンが多い。シンドイ。バイクならピューっと行けるのに。
l045
帰りはのんびり観光しながらなんて考えてたんだけれども。なんちゃら展望台とかなんちゃら園とか色々あるんだけど、ムリ。コースを外れたくない。わざわざ展望台まで登る気力が全く以て湧いてこない。ケツが痛いから。

生口橋。やっぱり登るのがキツい。暑いしさ、シンドイんだけど、なによりケツが痛い。
l046
l047
生口島は海沿いでまだマシかな?と思ってたけど、ここで向かい風。ギアを落として漕ぐも漕げば漕ぐだけケツが痛いし進まない。泣きっ面に蜂。コース沿いの平山郁夫美術館で休憩。涼しい。ぶっちゃけ郁夫さんは面白くなかった。裏のジェラート屋で塩とレモンのジェラートを食す。レモンは美味かった。面白げな寺?があったけど雲行きが怪しくなり。退散。
l051
l049
が、向かい風は収まらず。サンセットビーチで足だけ浸かる。少し癒される。海水浴客が多い。がビキニな女子がいない。そしたら雨が降る。あ〜これでチトは涼しくなるかな?と思たらスグ止んだ。そして蒸し暑くなる展開。時刻はPM3:00。まだ半分ぐらいぢゃね?はぁ。
l053
l054

多々羅大橋。もう苦行ですね。登りは。ケツ上げて立ち漕ぎするも、続かない。よね。ダンシングなんてカッコいいものではない。とりあえず大三島に渡るんだ。と。来るとき多々羅しまなみ公園のとこで温泉の看板目にしてたからね。多々羅大橋渡って大三島の下り口のトコにある海自ヘリ。リベットがかっこいいね。
l092
l093

少し北側へ走る。三島の湯。ん〜?思ってたのと違う。多々羅しまなみドームっつースポーツ施設内の温泉。もうちょい行ったトコの多々羅温泉っつーとこはそれっぽいらしい。まぁこの際どうでもええわ。海のソバだけにナトリウム系。海を眺めながらってのはイイっすね。入浴料で温水プールも使用可。ま、コレ以上ムダな体力使うコトはしませぬ。さっぱりして出発。大三島。記憶が無い。
l094

大三島大橋。
l095
で、伯方の塩な伯方島。ケツが痛い。ってことしか記憶が無い。マリンオアシスはかたの伯方ビーチで休憩。砂浜まで歩く気力がない。目の前に伯方大島大橋がみえるんだけど、登ることを考えると動きたくない。l096

が、帰らなきゃ。キャンプ道具なんざないし。伯方大島大橋。暮れてきたなぁ。雲が多いけど夕日観たいね。来島海峡大橋で日が沈むのを拝みたい。当初の計画は適当に観光しながらまったり帰って、早めに来島海峡大橋にたどり着いて夕日を見て帰る。ってのだったんだけどねぇ。甘かったなぁ。残り一島。がんばれば行ける?でも、今日の空だとそんなにキレイそうな感じしないのよねぇ?否。未だ計画は破綻していない。イクべし!!
l097

最後の島。大島。漕げっ!!が、大島。
クソしんどい。
アップダウン激しすぎ。上り坂進まない。10km/h以下。朝は体力もあって何も思わずに走れたけどマジでキツい。レンタルサイクルのヒトや地元チャリ民的なヒト。降りて押してるもの。長い登りが何回も出てくる。心折れそう。否。漕ぐベシ。漕ぐベシ。登り切る。と、来島海峡大橋が見える。まだ日は沈んでない。この下り坂を下れば来島海峡大橋登り口。もうちょいヂャ。
l098



l099
l100
l101
キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

l103

頑張った。雲多いけどウマイこと太陽が出てる。夏だから日差しがキツくてメチャ眩しい。最高でございます。これぞ達成感。しばしケツが痛いの忘れる。泣きそう。
まったり浸ったあと。瀬戸内の夕日を眺めつつ来島海峡大橋を渡る。前に子供がチャリで走ってる。けど、追いつけない。足が回んないのよね。下り口手前で沈むのを眺める。
l104

PM18:58糸山公園到着。
l106
l105

キツかった。ホント。ケツの痛みがひくのに4日ほど要した。昔からチャリには乗ってたからか筋肉系はたいしてコなかった。が、5日ほどして腰の痛みが発生。コレが原因かどうかはわかんないけど、未だ痛みがひかない。これまで腰が痛くなったっつても1日寝たら直ってたんだけどねぇ。初めてっすよ。腰痛なんて。仕事にならんので整体マッサ初体験。グキっゴキっと。案外気持ちいいもんですな。
ビンディングペダルに変えたらもっと楽なんかなぁ?変えてみようかしら?ハンドルも長距離ならドロップの方がポジション変えれるぶんいいのかもしれない。

サイクルコンピューターのデータ
走行距離150.60km
走行時間7時間42分
経過時間13時間51分
平均速度19.5km/h
最高速度50.2km/h

行きの走行時間が3時間24分てコト考えると、帰りは4時間18分か。早く感じるけど、休憩時間と休憩回数は激増ですね。休まなくちゃムリっす。



1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。