KT2

趣味日記


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


23
Category: 近畿   Tags: ---

嵐山

早いことシグマレンズデビューしないと、部屋でペットボトルやおサカナだけ撮ってもつまらない。ネットで情報収集。さすがに寒くなってきたので、あんまし遠出は...。近場で行っていない愛知県。いわしトルネードが観てみたいのですが、生駒山と名阪が怖いのです。やはり、この時期は紅葉ですね。早めに行っとかんと枯れるし。枯れ木は、枯れ木でええんやろうけど。吉野?あそこって桜よね?ダレか桜って紅葉早く終わるとか言ってなかったっけ?奈良か和歌山か三重かわからん山奥で迷子になるのは目に見えてるしね~。お手軽に行けるのはやっぱり京都ですか?

とりあえず下準備がてら小物を漁ろうと大型量販電器屋さんへ。だだっ広いフロアーに整然と並ぶ商品棚。何処にナニがあるのかワカランですよ。結構、荒い使い方するワタシ。さすがに裸レンズはありえないのでフィルターをさがす。62mm。ワタシはレンズ面を保護するだけのフツーの透明なフィルターが欲しいのです。「色付き」とか「絞りを3つマイナス」とか、「光を十字に輝かせる」とか、今はイランのです。諭吉近くまでついてるようなのもあるかと思えば、英世ぐらいのまであるし。店員捕獲。「フツーのが欲しい」「え~とサーキュラーですか?PLですか?」ン?PLハワカルヨ。釣リ用色眼鏡デ偏光ヤロ。サーキュラー?「デジタルですか?」「はい。」「じゃあサーキュラーですね。MC?ワイド?」「...。」「え~と、MCはウンタラカンタラ、ワイドがドウタラコウタラ。」「...。」「広角ならケラれるコトあるんで薄型が」「...。」「まあ、大体薄型ですが」「...。」「どうなさいますか?」「とりあえず、そのまま撮れそうなヤツ。」「え~と、じゃあ、このあたりで...。」「どうも。」イヤな客になっちゃった。メモリー。イッパイ。めちゃイッパイ。なんでこんなに値段が違うの?それでもメモリーって一昔前に比べたら安くなったのね。とりあえずRAWで撮って弄りたいから、4Gぐらい買っとこかな?ストラップなんかええのがない。こんなモンか?

お家に帰って、装着。バッテリーを充電器へ。準備完了。寝る。

起きる。寝すぎた。お昼。コレ、1号渋滞ジャナイデスカ...。明日ハ雨デスカ。行キマショカ。1号は混んでいるモノの思いのほか流れていた。それでも、前からタバコが飛んできたりさ、信号待ちで空ぶかしされたりさ、ちゃんと、流れてるからおとなしく後ろについてるじゃないデスカ。ガンガンすり抜けて前に行った方がいいの?ガソリンスタンドで給油がてら休憩。リッター24km/l。ん~さすが渋滞。それでもリッター120円。落ちたね~。椅子に座って一服。スタンドのおね~ちゃんがバイクを移動させる。バランスを崩して倒しそうになる。オイッ。セーフ。コッチ見てお辞儀。コッチもお辞儀。コレからは給油するの待って自分で移動させます。ゴメンナサイ。171号に逸れて、桂川堤防沿いに出たら、おクルマの大渋滞。マッタク動カンネェ~。歩道をかっ飛ばすチャリが羨ましいな~。お犬様をお連れになられたセレブ夫婦にも抜かれるさ~。夏に来た時はスイスイだったのに。対向車線に乗り込み道を逆走する二輪車達。気持チハワカルケド、ソレハチョット。ソンナンスルカラ、嫌ガラセサレルンデスヨ。案の定、前のほうでクラクションが鳴り響く。何時間経過してたのでしょう?いちいちギアつなぐのがしんどいので、エンジン切って足で前に進んでました。渡月橋が近づくと橋の上にはヒト。ヒトだらけ。警備員さんが大群を指揮するも、聞いちゃいねえ。休日の浪花日本橋裏通りの如く、ヒトをカキわけ、眼前に飛び込むオバちゃんに気をつけながら進む。駅の近くの駐車場に駐車。300円。「大阪かー。よー来たねー。動かんかったやろー。ゆっくりしていきやー。今やったらな...」オッチャン。トリアエズ、ドコニトメレバイイ?

喫茶店でコーヒー飲んで一息ついた後、散歩。紅葉。気持ち終わりかけ?光の加減?イチャつくカップルや、楽しそうな家族連れや、イチャつくカップルや、大声で呼び合うオバちゃんや、イチャつくカップルに負の呪いをかけながら、記念すべき一枚目の場所を探す。お約束ですかね。山をバックにヒトだらけの渡月橋。単焦点レンズでの初風景写真!!どうなるんだっ!?D-60のファインダーを覗き込む。シャッター半押しでピントを合わす。ン?合わない。シャッター半押しでピントを合わす。ン?動かない。スイッチはON。むう。手でピントを合わせ、シャッターを切。れない。ナゼに?スイッチOFF>ON。動かない。血の気が引く。壊れちゃいました?やはり、SRの振動が?マジッスカ?


Nikon D-60。バッテリーが入っていない。充電器にさしっぱなしで持ってくるの忘れた....。やっちまった...。あはははん。あ~ぁ。意気揚々と写真を撮りに来てさ、ヘルメットで潰れたパーマネントへヤーをおトイレでせっせとお直ししてさ、「ワタシカメラチョット出来マッセ。」的な、見た目カッコいいレンズを首からぶら下げてさ、チョットいけてません?見たいに風情溢れる地を歩いても、実はただのオモリを持ったキリギリス。どうしよう?観光?とりあえず、平日朝のJR大阪駅如き、渡月橋の通りを進み、カメラ屋を探す。「バッテリー買っちまえっ」と。ここは全国屈指の大観光地。カメラ屋ぐらい...。写真館はあるんだけどね~、土産物屋はフィルムばっかやし。ここで、なぜにフィルム一眼も持ってこなかったのか?と。ヒトに酔う。派出所発見。「この辺にカメラ屋か大きい電器屋は...。」「ないね。」喰い気味に。横暴な国家権力を振りかざす鉄仮面の如きこの暴君に立ち向かう気力はない。日は傾き、気温も下がり始めた。帰ろう。人ごみに流されながら対岸へ漂流。

ソウイエバ何も喰っていない。屋台でお好み焼きを買い、桂川を眺めながら寂しく食す。何かが背中を叩く。振り向くと、可愛らしい赤ん坊がワタシを見ながら笑っている。お母さんが奥で会釈をしている。あぁ、なぜワタシはカメラを首にぶら下げながらも、この屈託のない天使の笑顔を切りとることが出来ないのか...。


帰りももちろん大渋滞だった。
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。