KT2

趣味日記


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


18
Category: 九州   Tags: ---

GW05

AM6:00。佐伯湾朝日。昨日あんなこと言われちゃったからね。予定変更。どうしよかいね。このまま南に下ったら、すぐに宮崎県なんで九州終わりとも考えたんだけれども、西日本(沖縄はちょっと待って)制覇しちゃうのが、なんとな~くもったいなくって。んで、膝もナンカおかしいし、ココは大分県。なもんで温泉。チト前までは温泉どころか旅すら興味なかったのに...。
DAIKOKUNIKKI


で、ココから記憶が消えてるんですよね。海沿いを走ってた気もするし、山の方走ってた気もするし。どっかで飯も喰ってると思うんやけど、写メもな~んも残ってないし。どっかで迷てた記憶もあるんやけどココやろか?記憶が戻ってるのは大分市のR10から。幅広い海沿いの道だった筈。クルマもそこそこ多かった。カメラのデータに寄ればAM9:00に別府。密集した街並の至る所から白い湯気が上がる細い路地みたいなトコをドコドコ走って、相撲の土俵があるちっこい公園にバイクを停めて温泉。何温泉やったやろ?さっぱりして、膝の調子も心なしかよくなった気がして。そのまま地獄巡り。
白池地獄
DAIKOKUNIKKI

鬼山地獄のイチロー
DAIKOKUNIKKI

かまど地獄
DAIKOKUNIKKI

海地獄
DAIKOKUNIKKI

山地獄
DAIKOKUNIKKI

鬼石坊主地獄
DAIKOKUNIKKI

竜巻地獄
DAIKOKUNIKKI

血の池地獄
DAIKOKUNIKKI



制覇。

ん~。地獄なんですけどね~天気よすぎるんっすよね~。青いお空にコバルトブルーなんてね、トロピカルすぎですよ。たとえ的には地獄どころか天国ですね。表裏一体とかって哲学的なこともあるんでしょうか?硫黄臭はかな~りキツいっす。鼻ちょっとおかしかったです。結構ええとは思うんですけど、トコロによっては、ちょいとレジャー感がね。うん。いいとは思うんですけどね。家族連れや恋人さんや学生さん達が廻るんでしょうから。でも、個人的にもうちょいなんか趣のあるようなトコだと勝手に想像していたわけで...。温泉タマゴと肉まんはウマかった。お店のおっちゃんと、お手伝いしてるお年頃な娘さんが口喧嘩してた。「みっちゃんと遊びにいくっ!」「連休のクソ忙しいときにっ!」観光地のヒトってそうなんでしょね。血の池でワタシのSRの横にW6のお兄ちゃん。「セパハンキツくないっすか?」うん。誰もがそう聞くのね。

昼。ん~。なんか消化不良。なもんでそのまま山へ。湯布院の方ね。もう、温泉に行くつもりはなかったんやけど、何となく走り足りんかったんかな?ホントに何となく。「湯布院」って名前?で、ソコソコ大きい道を湯布院方面に走りはじめたときに標識がね「由布川渓谷」ってのが出てきて。もう、こりゃこっちやろ。と。一車線の曲がりくねった山道。ビビりますね。カブにフツーに追い抜かれました。まあ、走れんことはない道です。なんですけど、標識が木の板で手書きに変わって「自然公園つり橋」になる頃にはね、エラいとこに来てしもうたと。山道じゃなくて、山なんです。軽自動車がギリすっね。急激なUP,DOWN。オイオイってなカーブ。路面は落石&腐葉土。周りは杉か?1STでエンブレ。ずっとハンクラ。ハンブレーキ。で、標識がなくなって、山肌にペンキで矢印になる頃、下からBMW(バイク)が登ってくる。おっちゃん。そんで後部におばちゃん。お二人で旅してたんでしょね。すれ違うのも一苦労。かなり急激な坂でして。すれ違い際に、おばちゃんが「にいちゃ~んっ!!おりられないよ~!!」...。マジで?って、Uターンするトコロもないんでね。行くしかないの。しゃあないので矢印の方向に恐る恐る。で、「自然公園つり橋」。自然公園て。自然過ぎるやろ。やっぱり渓谷には降りられない。橋の上から見たらね、そーとーキレイそうなんスワ。どうにかして降りられへんかと。でも、やっぱりココからは無理。帰るしかないんかな~?でもね、自然公園に入るチョイと前に分かれ道があったのよ。矢印があったからこっち来たけど。ココに辿り着くまでの道が道なもんでね、どうしようかと迷いましたけど賭けました。戻って、その道に入って橋があって渡ってすぐに、道広くなって「椿入口」勝った。アノご夫婦は残念でした。もうチョイだったんです。で、バイク停めて、渓谷に降りるんですけどね。下りる階段(?)がね、メチャクチャ急です。ハンパないです。足場めっちゃ狭いっす。両手で手すり持って体重を支えて降りる感覚です。ん?え~と、ハシゴを外側向いて降りる感覚。コレ。で、中々に高い。子供連れさんは絶対に止めましょう。が、降りるとココかなりなもんですよ。スピリチュアルな感じです。ナウシカな感じです。ワタシ1人しかいませんでしたからね。最高です。たまらんトコロでした。苦労してきたカイがあった。めちゃ気持ちええ。
DAIKOKUNIKKI


心の洗濯完了。
もうええわ。と。でもね。来た道帰るわきゃないっしょ。でかい道が出てきてるのに。まあ、でかい言うても山なんですけど。で、ドコにおるかわからんのですよ。民家がないし。標識もないし。ん~。行ってまえ。結構きれいな道でね。走りよいんですが、やっぱりドコに向かっているかワカラナイ不安はぬぐい去れないんっすわ。なんて思ってたら、ガソリンもヤバメになってくるし。んで、某GSの看板がチラリと。コンナ山奥二?イヤ、助カッタ。と思たら、閉鎖。ん~。ヤッパリネ。ドキドキしながら下る。そしたらようやく青い標識。別府方面。あと何Kmかはわからんけれど。イケル。そして生けた。

別府まで戻って。燃料補給。PM17:00。別府港から愛媛は八幡浜へ渡る。


スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。