KT2

趣味日記


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


12
Category: バイク   Tags: ---

オイルライン追加>京都

ん~暑いっす。メチャクチャ暑いのです。なもんで
DAIKOKUNIKKI
暑中お見舞い申し上げます
ホントは美女はべらかすつもりだったんですが、ベイベーが強くて。



ほぼノーマルだけど走る距離がおかしいんだから。と、ショップの方に言われ続けていたオイルライン。付けなきゃ付けなきゃと思いつつも先延ばしにしてました。しかし、さすがにSRのエンジンから沸き上がる熱気がタマランです。なもんで、ようやく購入しましたSR用KEDOのオイルライン。ネットで購入。安かった。諭吉1枚。が、思ってた以上になんかチャッちいのね。細いっつーか。
DAIKOKUNIKKI

んなもんで、夜も遅く、丑三つ時。イソイソと動き出します。ココのところグズついた天気が続いたおかげでSR。汚れております。ちょっと、走りに行ってたら降り出す事が多くて。さっさと、拭いてやらにゃあイカンのですが、エンジンの熱さまそうと”時間おいてから~”なんて考えてたら、そのまま放置って良くない状態が続いてました...。いやー汚いっすね。ま、取り付けは簡単っす。ボルトオンだけなんでね。
DAIKOKUNIKKI
これが

DAIKOKUNIKKI
こうなりました

これで、シリンダーヘッドの前後にオイルが供給される事になるハズです。まあ、ないよりは全然マシだとは思います。それは確実です。まだまだ暑くなりますからね。で、まだまだ走りますから。ってことは、エンジンもまだまだ熱くなるわけです。だったらオイルクーラーじゃね?と言われると何も言えませんが、銭もないし、まぁキャブ変えたりしたときにでもね。たぶん、ずっと先だと思うけど。速く走る事より、長く乗る。今んとこ、この方向で。が、見た目的に、少々カスタム感が出ましたヨイ。ザクの頭の動力ホースみたいです。正直なところ、やはりもうチョイ太い方が。とは思うんですがね。まぁまぁいいんでないかい?これで、夏も行けるのかね?大丈夫だと言っておくれ。部屋に戻ってネットにダイブ。で、夏ね。フジロック行くつもりだったンすよ。新潟ね。で、前にも書いたように今年のフジ行くなら初日だったんすわ。メンツ的に。が、連休明けの金曜日。行くなら木、金、お休み?このクソ忙しいときに休みなんてとれねえよっ!!ムリっ!!基本、カレンダー通りなもんでね。今年の8月は盆休みも長くはないの。蝦夷にも行きたかったのだが、アソコ走るのにはある程度日数欲しいのよね。流石に走って辿り着く気力はないもんで、お船でワープするつもりなんですが、舞鶴>小樽20時間?ってことは往復2日。あのどデカイ大地を疾走するには最低でも3日は欲しいっすよね?んで、経験上、予備日1日は絶対に必要なんです。ってことは、丸一週間は欲しい...。ん...。とりあえず、地道に近場から國獲りしますか。なんて夢心地でお布団。が、クソ暑くって。寝れやしねえの。もう外は明るくなってきて。

だから、久々に京都へ行こうと。ルーブル来てるんで。あのルーブルですからね。さすがに休日はヒトは多いだろうと。だから、行くときは朝イチに行きたかったンす。やはり朝のR1は楽しいっす。トラックなんかはいるものの、絶対的にクルマの台数が少ないんでね。オイルライン?まあ、走行に直接何か変化をもたらすモンではないと思うんでね。気持ち的には「エンジンさん楽になったかい」と。擬人化してやるぐらいですな。結構早く京都到着。感覚的にね。まだまだ時間があるもんでコンビニよって観光地マップ立ち読み。で、伏見稲荷。千本鳥居のね。
DAIKOKUNIKKI
千本鳥居

DAIKOKUNIKKI

ワタシ、千本鳥居だけだと思ってたんです。違いましたね。山全体に鳥居。朝なもんでヒトもあんまりいなくって。ジョギングのヒトや、おっちゃんおばちゃん。すれ違うたびに、どの人も「おはようございます」と。ちょっと気持ちいいもんです。んで、すれ違うヒトがほとんど、おっちゃんおばちゃんで。余裕やろ。とタカをくくっていましたが、かなり長いっすね。右膝故障あけには厳しいです。しかし来た以上、途中で引き返すのは負けた気がします。山の中なのですが、登りなもんで汗だくです。延々、朱色の鳥居と緑の林。で、ところどころにチッコイ鳥居だらけの塚(?)いや~すごいっす。京都ってなんか歴史深くて格式高いイメージじゃないですか?中々ハッチャけてますよ?ココ。ポップアートっすね。パンクです。ハンパじゃないです。山全体が作品です。なんか千と千尋チック?ん?もののけ?なとこもあります。いや、逆ですね。千と千尋が伏見稲荷チック。
DAIKOKUNIKKI
だれが始めたんでしょ?

DAIKOKUNIKKI
どこまでも続きます。

京都の中で一番好きなところになりました。京都で行くならと聞かれればココと言います。結構長いので気合い入れましょう。で、飲み物は持って行きましょう。一番奥の自販機はペットボトル230円です。さて、時間も時間やし帰ろうと。やはり、早く来て正解でしたね。外国人観光客。親子連れ、カップルさん。登ってきましたよ。「おはようございます」なんて挨拶しても、返してくれねぇ。いや、外国人の金髪女性二人組は「ハロー」って、手を振ってくれました。イカす。

んで、京都市美術館。ルーブル。開館ちょっと過ぎてた。
DAIKOKUNIKKI

さすがルーブル。中はすでにヒトで一杯。並んでたんでしょうか?なもんで、イチイチ解説読みながらゆっくりなんてやってられんのよ。横からぶちあたってくるし。で、とりあえず、流し見。で。やっぱりね~レンブラントと、フェルメールの2点は人だかりがハンパじゃないっす。フェルメールなんて24cm×21cmなのに。後半はほとんど宗教画っすかね?バックグラウンドあんまり知らないっつーか、身近なもんじゃないんで正直好きじゃないんですよね。受胎告知の天使と聖母なら天使の方がかわいいっしょ。って、下世話な感覚ぐらいっす。んで、入り口まで引き返しちょっとゆっくり。なんやろ。キャンバスがでかいってそれだけで、強みなんでしょうか?絵の善し悪し(?)ワカランです。イヤ、展示シテアルダケアッテ、ドレモキレイッスヨ。好きか嫌いぐらいで観てるんで。やっぱりデカイだけで目を惹きますね。が、やはり、ヒトだかりも多いんで。ちょっとだけ観てスルー。何点か、好きそうなの目ぼしをつけて休憩所に置いてあるカタログサンプル観ながら休憩。で、もう一回。好きなんだけ。大工ヨセフが一番好きでした。

昼前。帰る。帰りに大阪のルーブル展よろうかな?と、思ったけど、眠いので。帰りはやはり混んでた。



スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。