KT2

趣味日記


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


03
Category: 近畿   Tags: ---

和歌山

まあまああります。

ようやくの土曜日なのですが、お天気予報は芳しくない空模様だと。が、お外に出るとそんなことも無いので、ちょっと走りにいこうかと。で、臨海道路?26?で西へ。海がみたいの。この前も山ばっかやったし。目標設定は加太。大阪府と和歌山県の海沿いの際?雨降っても何とか帰れるやろ。的な。そんな感じで。が、不安だったお天気は快晴でございまして。道も広くて車もなぜか少なくて信号も少ないモンで、マイペースで走れるんで気持ちがよいデス。イランこと考えずにひたすら走るのは楽しいですわい。バイパス?なんやろか?忘れた。抜けたら、海岸沿いの道になって。ええ感じでクネってきて。なんやったけ?とっとパーク?なんか釣り公園的道の駅?みたいな。ご休憩。かなりの釣り人でにぎわっておりました。小ちゃいとこなんやけどね。釣りフォトコーナー見る限りでは鯛が多いですな。ルアーでシーバスもあがっとるみたいなんで、ココはチトばかしメモですな。ココでなくともこの周辺は釣れると。
DAIKOKUNIKKI
ええ天気

DAIKOKUNIKKI

DAIKOKUNIKKI
コレより先は有料


んで、また走ります。この道、ええ感じだったんですが、和歌山県に入県した途端ですよ。道が荒れ始めました。そして、クネリもきつくなり、民家の間を抜けるようなトコも。ん~そんなもんですかね?いや、それはエエンです。走れない道でもないんで。が、ず~っと同じ感じの道で来てたのが、急にリズム変えられて、リズム感の無いワタシとしては大変困るのですよ。一球目にインハイ見せられるとず~っと脳内に残っちゃうタイプですので、最後までアウトローは遠く感じるのです。そんな感じで窮屈に走ってたら、加太の漁港?に着いたんですけども、なんか停まり損ねて。そのまま突っ切り、県道7号へ。んー何も無い。コンビに発見。立ち寄る。和歌山の観光マップ立ち読み。で、観光地マップにちっちゃく載ってた友ヶ島に取り憑かれ、どーしても行きたくなってしまいまして。が、既にお船は無い。明日は天気がくずれるって。んー。行く。絶対行く。雨が降っても。頑固なの。で、ココで一辺お家に帰ってまた来るのは負けな気がするので、そのまま和歌山市方面へ。漫画喫茶で寝ればいいかな?とね。いつものごとく。だからって漫画喫茶直行もおかしな話で。和歌山市はとりあえずスルーして、どこをどう走ったか毎度ながら覚えてないのですが行き当たりばったりに番所庭園ってトコに到着。ダイブわかりにくい道かと。もう一辺行ってこい言われてもワタシ行けません。結構、手入れが行き届いててキレイなとこです。山側も普通の民家なんですが、壁が太陽に照らされて白く輝いておりました。9月に行けば2つ並んだ島の間に夕日が沈んでええ感じになるよーと。写真も見せてもらいました。が、時間的に閉まってんちゃうかな?どうなんやろ?
DAIKOKUNIKKI
イチャついとりますな~

DAIKOKUNIKKI
ゴルフ場チックな感じもある


閉園ぎりぎりまで粘る。が夕日にはまだ早い。で、近くにあった灯台へ。なんか鷹の巣?とかって。鷹がいっぱい飛んでおりました。ず~っと鷹追いかけてましたが、さすがにキットレンズじゃ近づけないっす。もうちょいズーム欲しいね~で、ここ。蚊がいっぱい居て。ちー吸われる吸われる。吸われたとこをポリポリと。したら、やっぱり膨れてきて。ナゼでしょう?ワタシだけでしょうか?蚊に吸われて膨れるとツメで十字に跡つけたくなるのは。夕日は..雲行きが怪しくなってきて太陽見えなくなった。
DAIKOKUNIKKI
寂れてる?

DAIKOKUNIKKI
ぜ~んぶ鷹。

DAIKOKUNIKKI
この雲行きは...


で、日も暮れて暗くなってきたんで、漫画喫茶探しをバ。が、腹も減ったんでね。漁港近くやったかな?コレ。
DAIKOKUNIKKI
これタダ。


んで、和歌山市内へ戻ってスーパー銭湯行って。フルーツ牛乳飲んで。めちゃイケみて時間つぶしてたら、誰かにこち亀にチャンネル変えられて。あれはなに?ドラマしたいのかコントがしたいのか、よくわからん。好きでない。さて。漫画喫茶探そうかな?が、中々ない。いや、道がわからんモンで。暗いし。そしたら、和歌山城の方からえらいファンキーなMCが聞こえてきたもんで行ってみることに。お祭りしてました。旗ふり祭り?ステージでみんなが大旗ふってた。出店も多くて、ヒトも多くて。グラウンド(?)の中をヒトをかき分け進み、一周してベンチで休憩。あ。降ってきた。ヤバいですよ。天気予報的中でございます。当たらんでエエときに当たるね。まあまあ、降ってるやんけ。軽い気持ちで出てきてるので着替えナンザアございません。鞄もバイクにくくりつけた大きめのウェストバックと腰にぶら下げたちっこいポーチ。カメラ...。とりあえず門の軒先に避難。祭りは一斉に終焉し、クモの子を散らすようにヒトが消える。
DAIKOKUNIKKI
奥に光ってるのが和歌山城

DAIKOKUNIKKI
MCがファンキーすぎる。


ポツンとひとり取り残され、さすがに夜の雨のなかバイクで走り出す気にならず。が、さすがに神様も可哀想だと思ってくれたのか、あがりました。この機を逃す訳にはイカンっと。走ります。雨は上がっても、路面は濡れてるもんでショートフェンダーな我SR。ビッチビッチ飛んでくるのよね。水が。車の後ろなんて走ろうものなら、ずぶ濡れ状態ですよ。漫画喫茶も無いし。なもんで、水たまりを避けるように、先行車からは距離をとり、風で身体を乾かす。もう帰ろかな?と。ホントに。だからR26探して。紀ノ川超えたぐらいかな?発見しましたね。ネットカフェ。6時間VIP席1,900円。即就寝。



つづく。
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。