KT2

趣味日記


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


29
Category: 中部   Tags: ---

カタナ狩り7(黒部の太陽)

R147を北へ。え~と天候。実は右側は曇り空。左側は快晴。どっちに転ぶのかしら?予報では大丈夫っぽいみたいだったんですが、左側やしいけるやろ?安曇野辺りかな?”大王わさび農場”ってのが出てきて。あーゆーとったとこかなー?なんて、思ったんですが、スルー。寝坊したから。こっち帰ってきてから知ったけど、黒澤明の映画「夢」に出てきた水車あったんっすね。行けば良かった...。
DAIKOKUNIKKI


で、R147から左折して県道45号。看板には「黒部ダム」っ。どーしても行ってみたかったっ!!某所で拝見して以来虜でしたっ。Googleマップ観てて発見したが、ゴッホ「夢」美術館。そんなのあったのね。西側に走る。前にクルマも何台かおるもんでたぶん行くトコ一緒しょ?と。ついてゆく。平野から山に変わって、木々が生い茂って。避暑地な感じ。で、楽しい。クルマ詰まってノロノロなんですが、キラキラ日が溢れて、SRのヘッドライト、トップブリッジに木が映り込んで、かっけーっす。んで、途中、バス?聞いてた鉄仮面バスじゃないんやけど?乗り場があって、ヒトが10人ぐらい?道のど真ん中に突っ立って、旗振ってんのよね。工事中?行カレヘンノ?と。クルマもなんか停車しちゃってるし。が、そんなかの一人が、コイコイ。と。「上まであがってください。」???。おクルマの方達は?ま、ええわ。道はオールクリアっ。マイウェイっ!めっちゃきもちええーっ!!で、扇沢。既にクルマもバイクもチラホラ。トロリーバス乗り場にはヒト。やっぱり起きるの遅かった。ま、普通に乗れましたが。鉄仮面バス。5台ぐらい並んでたんやろか?前の車両はヒトが乗り込んでて。かなり詰まってたから、3台目の一番前確保。トロリーバス。え~と、バス。で、バスの上に電車のパンタグラフがついてるの。排ガスが出ないエコロジーバス?ってことかしら?なんか不思議な感じ。
DAIKOKUNIKKI


で、山のトンネル。へ。「黒部の太陽」観ました?SMAPじゃなくって。もちろん裕ちゃんのね。プロジェクトXのも観てたんで、暗闇を喰い入るように見つめました。すげえっす。タダのトンネルと言えばそうなんですが、バックグラウンド知ってるとやっぱり感動します。確かにダムもすごいんですが、このトンネルじっくり見せてほしかった。車内アナウンスで破砕帯がどうこう流れるんですが、見にくいっ!!バスの車内灯消してほしいっす。んで、16分と言わずに、もっと、ゆっくり。
DAIKOKUNIKKI


で、黒部ダム。ダムサイトっ!すごいっ!よくもまあ、こんな山ン中にって。ダム何カ所か行ってますけど、こんな風に両端覗けるようなトコは知らんです。まあ、危険だからなんでしょうが。山沿いにコンクリで壁つくって、遊歩階段(?)で、放水口を上から、んで、放水口目線で。迫力あります。はい。階段もなんかちゃっちーし。正直、谷の底に降りて、下から見上げてみたかった。あそこ、降りれんのやろか?降りれんやろね~。危険すぎますもの...。日もあがってきて太陽光が放水口に舞う霧状の水に反射して虹も出るし。たしかに、自然は雄大ですごいです。が、ニンゲンの力もまぁ~捨てたもんじゃないですね。大自然に喧嘩売った度胸がスゴいっす。
DAIKOKUNIKKI
わかりづらいっすね。超巨大です


DAIKOKUNIKKI
怖っ!!


DAIKOKUNIKKI
噂の階段。確かに心もとない...


DAIKOKUNIKKI
虹。


DAIKOKUNIKKI
黒部の太陽


あー来ちゃった。って感じです。大迫力。立山の方には迷ったあげく行きませんでした。まず、銭。んで、時間。乗り物が混むのは嫌なのです。キレイらしいですけどね~トレッキングはもうお腹いっぱいでございまして。AM10:00。で、どうしようかと。この後ね。地図を見る。着た道戻るルートはなんか、面白くないかな~なんて。が、この場所からだと、北にあがって日本海。松本ぐらいまで戻って、岐阜ルート。ん~。ナゼにこの場所から立山へバイクで走れないのか?と。富山県へのルート少なすぎっしょ...

つづく。


スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。