KT2

趣味日記


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


07
Category: 北海道   Tags: ---

ezo4

だらだらと長いです。

さて、本日はどうしませう?朝はちょいと曇り気味でしたかね?ダイブ寒かったです。え~と、R39へ。だだっ広い山の中の道って感じやったけ?あーあのね自衛隊のでかいクルマが何台も走ってましたわ。コレがね~また、遅いのよ。タイヤもでかいしパワーもあるでしょうに。後続にクルマ数台引き連れて、のっそり走ってましたね。もちろん、ワタシもその後に続いて。早朝なんでソンナに交通量も多くないんですけど、ちょっと引っかかっちゃたな~。と。で、そんな時です。
$DAIKOKUNIKKI
20,000Km
実際はプラス3,000ぐらい走ってますけれども、ま、北の大地でメーター20,000Km記念。”シュート練習2万本です。””2万で足りるのか?”戯れ言はスルーしてください。何でもない道の路肩でこんなコトしてたら、前から走って来たバイクのヒトがスピード落として、メット越しに「大丈夫~」って。ゴメンナサイ。ダイジョウブっす。

んでですね。道沿いに断崖絶壁を見上げる風景になると層雲峡でございます。大雪山は黒岳。はい。ロープウェイ。本日は、登山。バイクはココまででございます。山が好きなんでしょうか?最近どうも登ってますよね。そんなワリには登山な装備は一切ございませんが。すでにロープウェイの駅は観光客でごった返しておりました。連休ってコトで10分ごとの運行になっていたので、すぐ乗れましたが。で、ロープウェイと、リフトに乗って黒岳7合目までワープ。いや~、紅葉ですね。この辺りはまだそんな完璧って感じでもなかったですが黄色&オレンジっ。日本の紅葉はココから始まると唱ってました。
$DAIKOKUNIKKI

7合目到着。ここからですよ。登山者名簿に名を記し、登山開始です。皆さんきっちりミレーやパタなんかのトレッキングファッションに身を包むなか、1人だけフライトジャケットで浮いておりますわ。そこそこ登ってきたつもりですからね。舐めてませんよ?しかしね~木々生い茂る急斜面のガタガタな道。ガタガタ度で言えば千畳敷カールに分があるんですが、なんか湿ってて。滑るんですよね。セッターのソールは底ツルツルやし。んでね、頂上が全くわからん。急すぎて。どれぐらい登ればええのんかワカラナイの。景色はね。もっと太陽光が欲しいところですね~。
$DAIKOKUNIKKI

先の見えない登山ってこんなにキツいのね。息も絶え絶え、んで、日が出てきて暑いのです。フライトジャケット脱いで。タダの邪魔な荷物。飲み物は買っております。おなじ轍は二度踏まぬ。上にあがるにつれて登山道周辺の色が変わってきてめちゃくちゃキレイです。何やったけ?「まねき岩」?コレが唯一の指標となるものです。なんかねー、ホントすごいの。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

で、登山道終了。風がめっちゃ強くて、一気に体温が奪われます。が、見渡す限りの緑と黄色と赤の絨毯。感動でございます。で、振り返ると、ジブリワールド。堪能。さて、降りますか?多くのヒトがココで休憩して下山してました。結構キツかったですからね~。が、ワタシはそのままジブリワールドの方向へ突き進みました。気になる事はあったのですが、行かニャアならんでしょう。と。トレッキングコース?歩きました。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

高い木々はありませんね。歩くヒトもまばら。なんでしょう?ココは。ココこそ異世界に入り込んだ感じがしますね。スゴいとか、キレイとか、そんなんばっかりしか言葉がでてこんので、めんどくってお写真にて。

$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

んで、御鉢平展望所。
$DAIKOKUNIKKI

阿蘇よね。あれの拡大版。すげぇっす。硫黄臭がスゴいですけどね。スカイブルーな水の流れる川があるのですが、その水に混じってるんですと。まだ、ず~っと、道はあるらしいのですが、さすがにワタシはココまでです。体力的にキツい。ココまででもダイブ歩いてますよ?ココから先の旭岳のほうが見所は多いみたいですが、お腹いっぱいでございます。と、いうことで来た道をテクテク戻りまして。もちろん登山してきた訳ですから下山もします。ほぼ7合目まで降りてきたぐらいですかね?1組のカップルがお手々繋いで登ってきました。装備は軽装も軽装。休日昼下がりのオープンカフェでまったりお茶をすするような。彼が息も絶え絶え声をかけてきます。「アトどのくらいですかね?1時間ぐらいで行けますか?」ン~ソノ格好ダト、辿リ着キマセン。ドウシテモトイウノナラ、彼女ハ置イテイキマショウ。リフトまで降りるとPM4:00でございますよ。スゴくないですか?ひたすら歩いてたんですよ。朝から。で、やはり、気になっていた事は的中でございます。下りロープウェイね。長蛇の列。まあ、覚悟してはいたのですが。ここに並ぶのは本日、一番キツかったですね。1人なので、列から外れて、ちょっと一服なんてのも出来やしない。1時間以上は並んでましたね。おかげで夕焼け見逃した。ってか、もうコレなら、日が暮れるまで上に居れば良かった。
$DAIKOKUNIKKI


で、なんとか降りれましたが、スデに暗くなってきております。なもんで、ロープウェイ駅に隣接する層雲峡温泉へ。ワタシも一員なのでエラそうに言えませんが、ココ。登山客だらけでババ混み。んで、似合わないコじゃれた飯。
$DAIKOKUNIKKI
ズワイガニ半熟卵のパスタ&地元野菜のスープ


ってことは、暗闇。PM7:00。さてと。ココから南に下るとガソリンスタンドが全くないということはツーリングマップにて調べはついておるのです。で、R39を戻ります。灯りのない、ただただだだっぴろい山道。寒い。寒うございます。しかし、走らねば寝床に辿り着けませぬ。なにより、燃料が...。で、来る時にガソリンスタンドは何軒か確認していたのですよ。しかしですね、すべて閉店。かなりヤバしですね。閉まるの早いよーっ!!そういう事もあってなのか、交通量はほとんど無くなってましたね。エンストシタラドウシマショ?めちゃめちゃ不安な中、走りました。が、ドコもかしこも閉店。民家も少なめで。最悪、民家に駆け込もうかしら?なんて。R39。このまま、走ってもホントにエンストが予想されると思い、R40に乗り換え。ドキドキです。で、結局、旭川近くまできて発見。あ”ー走れたーっ!!ホント不安でした。皆さん気をつけませう。結局、旭川までもどって、ラーメン喰ってネットカフェ。で寝る。
$DAIKOKUNIKKI
ネギみそチャーシュー。ナゼに麺蓮チャンって突っ込みはなしで





たぶん比布ー層雲峡黒岳ロープウェイー旭川
約120km。
どこでR40に出たかは覚えてない。
黒岳7合目ーお鉢平展望台
地図上直線距離往復
徒歩、約11km。
高低差考慮せず。


スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。