KT2

趣味日記


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


13
Category: 北海道   Tags: ---

ezo6

凍える身体を丸めながら一夜を過ごして目が覚めると昨日とはうってかわって晴天。寒いけどね。ハナレでホットコーヒーをごちそうになる。ん~コレぐらいなんでも出来る装備で走ると、また全然違った楽しみ方が出来るんでしょうね。バイク的にちょいとシンドイですが。挨拶もソコソコに出発。また、どこかで会いましょう。で、昨日、楽しめなかった十勝平野をば、堪能しようと。まず、ヌプカの里を目指しまます。十勝平野ってさ、カーブっつーもんがないですね。直線。そして直角。景色はね。緑色の牧場。いっぱい。防風林?で、バーッっと開けた感じはなくなるのだけれども、チョット高いとこからの下りだと、まー、広いっすわ。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


んで、ヌプカの里。牛。おらんなってた。でもね、見渡す限り緑色でございますよ。晴れてるって素晴らしい。朝だと結構遠くまで見えるしね~絶景絶景。で、コレからどうしようかと。一応、考えてるのは美瑛と富良野なんやけども。ドウ回るか?位置的にはR38で西側に向かって富良野に出ればエエンやけども、どうしても昨日の三国峠が恋しくて。晴れた三国峠、絶対良いでしょ?と。ってことで戻ります。
$DAIKOKUNIKKI


相変わらずの直線を走りつます。自然と直線ですから。で、大きな駐車場があってポツンとトイレがあるとこがあったもんで、トイレ休憩して。また走りだすんですが、ソコ出てすぐの防風林の影にパトカーが隠れておりました。寄り道せんかったら捕まっていた可能性大でございます。朝の早うからご苦労様ですが、十勝のあの道路であんなトコ隠れてるなんて反則ですよ...。思い直してソレなりに走ります。出てきた標識が”ナイタイ高原牧場”。やっぱり牛。ちゃんと見とかな、殺されるかな?なんて。行ってみました。正解です。ココすげぇっす。上もエエンですけど、上にいくまでの道がものすごいキレイ。なんやろ?イメージにある北海道ってな北海道?十勝に行くならココはガチで入れましょう。
$DAIKOKUNIKKI
この道楽しい。

$DAIKOKUNIKKI
コレでよろしいか?

$DAIKOKUNIKKI
大パノラマ。

$DAIKOKUNIKKI
朝の一杯。濃い。うまい。


R273まで戻って、燃料入れてから再び三国峠に。もうね、ひたすら走ってました。気持ちよすぎる。もうチョイしたら周りまっ黄色になるんでなかろか?交通量も全然少ないし。風景変わらなくても、なんちゃ飽きるコト無く。バイクできて良かった。一気にね、三国峠休憩所まで登りました。おお~戻ってきて良かったね。ホント。外で肉汁したたるフライドチキンとほくほくフライドポテト食しながら、拝む。
$DAIKOKUNIKKI
ね。いいでしょ?

$DAIKOKUNIKKI


んで、層雲峡までまたもや戻りますが、もうスルー。3回目ですからね。この辺はワープですね。旭川まで走って給油。ムフ。女子発見。チャキチャキしてるけどカワイーの。美瑛までの道とか富良野のええトコとか。色々、教えてもらって。でも、さすが連休の観光地。忙しそうで...。泣く泣くその地をアトに。もうちょい、こう、ねー?タダの嫌がらせだったかしらん?飢えてますかね?いや、そんなつもりは...。ないと言えばウソになる...。

教えてもらった通り道道37号で南下。日も傾き始めて。さすがに美瑛に向かう道なもんでクルマの数も多くって。何とか日の沈む時間までには辿り着きたいな?と。そしたら道沿いにライダーハウスの看板があって。今日はココに泊まればええかな?と、脳みその隅っこに保存して美瑛へ。丘の街。美瑛。思ってたのとチトちがうのよね。街やん。って。いや、丘に囲まれてる街なんで景色はいいですよ?で、なんか丘のポイントも色々散らばってて。どうしよっかな~?とりあえず走ってる方向のまま。そしたら”三愛の丘”って標識。なモンでソコへ。おお~いい景色。
$DAIKOKUNIKKI

でも、イメージしてたんと違うのよね~。逆側なんかね?ってことで北側の方へ戻る。あ~こんな感じこんな感じ。名の通りパッチワークな風景。とりあえず見えたのは”ケン&メリーの木”けど、ヒトばっか周りにワラワラいてね。スルーしたった。そんなポイントポイントじゃなくってもね。ぜんっぜんキレイです。いや、邪魔がいない分ポイントじゃない方がええ。ココはね。バイクよりチャリの方が全然楽しめるはずです。バイクだとどうしても停まらなくなっちゃう。適当に走りますと”マイルドセブンの丘”に辿り着きました。ココもやはりクルマがいっぱい停車してまして。サクサクっと。アトにします。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


北側は緑や黄色、茶色の畑のコントラストがめっちゃキレイで良いんですけれども、如何せんヒトが多い。
日が沈むのを向かえるのはドコがエエンだろか?と。なもんで、また、南側に戻る事に。沈む感じはコッチ側の方がええのかな?なんて。で”新栄の丘”。ココに辿り着くチョット前のとこで道路工事してまして、砂利の深いジャリッジャリの道走らされましたよ。めちゃくちゃ怖かったです。ハイ。こんな連休中に工事せんでも...。で、新栄の丘。沈みかけでした。まーソコは夕暮れですからね。やはり、間違いはないです。
$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI

$DAIKOKUNIKKI


さて、暗くなりましたし寝床寝床。来た道帰りゃ、ライダーハウスあったっしょ?ってコトでR273。でもね。来た時と違って真っ暗で。風景が全くわからんのサ。アレ?ドコやったっけ?ってな風になっちゃいましてね。そういや、照明みたいなもんなかったよね~?周りなんかあったっけ?いや~?こんなトコまで戻ってきたか?ん~絶対行き過ぎてるよね~?あれ?さっき道道37号のとこじゃね?どうするよ?Uターンする?ん”~っ!!なんて考えてると、西神楽?やっけ?のトコで温泉?スーパー銭湯?みたいなの発見。入るでしょう。いい湯でした。で、ツーリングマップ。あ~ダイブ行き過ぎてますね。ココまで来たらまた旭川までもどろか?飯も喰いたいし。ってことで、またまた旭川。駅前ビジネスホテル。なんかお布団に入りたいの。交渉。3,000円。安っ。決定。で、旭川の街テクテク。何喰いましょ?梅光軒のラーメン。結構有名なとこらしいですね。待ってるヒトも数名いました。ま、そんなに待つ事もなかったんで。旭川ラーメン。うましっ。喰い終わって外に出たら長蛇の列でした。タイミングですね。
$DAIKOKUNIKKI





屈足ー旭川
約322km。
十勝&美瑛はどの道走ったかはよくわからぬ。




スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。