KT2

趣味日記


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


03
Category: 映画   Tags: ---

映画

「プロメテウス」
予備知識がTVのCMぐらいしかなかったんだけど、「人類はドコから来たのか?」って煽りいるかしら?新作かと思ったぢゃナイカ。どう考えても「アレ」ぢゃないか。ま、だからこそ楽しめたけどwあの生首?w覚えてるよwまんまぢゃんwリドリー・スコットwアレだけ続編的なものや抱き合せみたいなの撮られて(盗られて?w)きたけど、本家は気に喰わなかったらしいw続編w?どうすんでしょ?猿の惑星みたく永久ループさせんのかしら?


「トータル・リコール」
予備知識なくてもタイトル見りゃわかる。シュワルツネッガーのヤツっしょ?ま、世界設定がチト変わってたんかな?アンダーワールドも終わったベッキンセールちゃんが敵役。シューティング・フィッシュの時見たくショートカットのほうが好きなんだけど。記憶とか脳とか夢的な設定の本家?っぽいはずなんだけど、ソレ系がよく創られたから新鮮味が薄れてる。乳3つは覚えてるwなんだ?あのアタリのリメイクが流行ってんの?しかし、富裕層が欧米っぽくて貧困層がやたらとアジアちっくなのは喧嘩売ってんのか?


「ゴー・トゥ・ヘル」
ん〜ハードボイルド。探偵Barの殺し屋版。


「ブレーキ」
借りよう借りようと思って、CUBEのパクリ的なものかな?と、また今度また今度な感じだったんだけれど。ふむ。面白かった。CUBEよりもっとコンパクト。超狭密室。低予算ですねぇ〜ナノに飽きませんでしたよ。よく考えますねぇ〜こういうのは好きです。しかし、「ブレーキ」ってなに?


「CUT」
ひたすら殴られる西島さんの映画。ショートカットな常盤さんがカワイイ♡監督が外国人らしい。かっこいい西島さんがひたすら殴られながら名作映画の名前を連ね続ける。ん〜名作=昔の映画って構図が気に喰わん。HANA-BIとか出たけど。それにしても日本人監督の名前多すぎない?サービスか?そしてコノ映画はそれらに入るのかしら?実験的すぎるだろう。


「ヘッドハンター」
予告編観て借りたんだけど。普通。


「マネー・ボール」
借りようと思いつつも、また今度また今度だったヤツ。なんかねぇ最近ブラッド・ピットってのがねぇ手を伸ばしにくいっつーか。でも面白かった。イチローがチラッと映ったのは日本へサービスか?実話なのね。ソレがスゴイわ。ただ、もっとアノ太っちょにフォーカス当てて欲しかった。太っちょの功績はデカイだろう。ドコまでリアルなのか知らんのだけど。


「パレード」
シェアハウスの中でもっと事件とか起こるようなんかと思ってた。思ってた感じぢゃなくてツマラン。


「SUPER8」
面白かったけど、子どもたちのスタンド・バイ・ミー感をもっとオクレ。エイリアンとかいらなくね?ETやりたかったんか?エイリアンが可愛くないんだよ。スピルバーグJrよw


「デンデラ」
姥捨山に棄てられたおばあちゃん達のサバイバル。ヤバい。カッコイイ。倍賞さんの髪はパーマだよねwもうちょい制作費かけれなかったのかしら?それとも大御所たちの出演料が高くついた?


「生きているものはいないのか」
なんぢゃコレ?ホラー?コメディー?何がしたいのか全くワカラン。


「ダークシティ」
トータル・リコールのトコに置いてた。面白かった。と、思う。が、自信が持てないwゴッサムシティでトータル・リコール?もうちょいツメて欲しい気もするんだけど。トータル・リコールを観ちゃったのがフラットに観れない原因かしら?面白かった。と、思う。が、自信が持てないwそんな感じ。ちなみにダークナイトやダーク・シャドウではない。


「コネクション マフィアたちの法廷」
ワタシの大好きな裁判モノ。実話。裁判シーンのセリフはほぼそのままだとか。めずらしくアクションぢゃないヴィンなディーゼル。マヂか。ワロタ。実話かもしれんが、偏ってるよねw描き方がw裁判モノだけど緊迫感なし。でも、好きだ。コレ。


「17 seventeen」
「憎しみ」とか「KIDS」みたいなセックスドラッグバイオレンス。なヤツ。でも、イマイチ華がないのかしら?おぢさんになったのかなぁ?


「グレートディベーター 栄光の教室」
人種差別の色濃い時代の実話。グッとキますね。圧制されている黒人学生が言葉で戦ってゆく。まー間違いないですね。実話となれば、感動も一入。しかしながら、ディベートするのは好きですけれども、自分が黒だと思ってることでも白っつー体で口喧嘩しなきゃいけないディベート大会っつーもんはキライ。だから俳句甲子園はキライなんだ。その議題の是非の設定がねぇ。まぁそうしなきゃ感動もクソもないんだけど...


「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
お涙ちょうだい母をたずねて三千里。的な。ま、反則ですわな。ネットで浮遊してみたら脚本はフォレスト・ガンプのヒトとか。あ〜わかります。そんな感じです。フォレスト・ガンプは好きぢゃないけど。目から汗が出ます。最後のほう。最初の方は正直ちょっとめんどかったw


「シャッフル」
密室サスペンス?キサラギっぽい。のか?最後の最後までどんでん返しで予測がつかんけど、クドい。テンポなんかなぁ?


オススメ作品的なもの知るために、映画のサイトに登録してみたのよね。観た映画を10段階で評価すると、その傾向でオススメ作品を提示してくれるらしいのだけれども、600作品登録したが、未だ評価数が足りんです。と。どうなってるんだ?
しかし観過ぎぢゃ。ハヨ温なってくれんかの?


スポンサーサイト



 

Comments

Edit承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。