KT2

趣味日記


--
Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


15
Category: 近畿   Tags: ---

三重3

道の駅”針T・R・S”付近の交差点。赤信号。右折したい。別のモンスター集団が交差点出口で停車してる。青信号。ワタシが右折で入るといきなりスタートを始める。後続に仲間がいたみたい。先に行かせようとスピード落とそうとしても、すぐ後ろに並んでる。全く見ず知らずのモンスター集団の集団中央付近で囲まれながら逃げる事も出来ず、無理矢理走らされるSR400。そーとーイヤ。そーとーイヤ。そーとーイヤ。四面楚歌で道の駅進入。コイツラ絶対ワザトヤロ。コノワタシヲ囲ンデ、ヘルメットノ下デウスラ笑イシテルンヤロッ!舐メヤガッテ。コノ場デ、マックスターンシテ、コイツラ全員ナギ倒シタイ!!まあ、そんなお伽噺みたいな事できる筈もなく、できるだけ離れてコソコソ駐車。駐車場は、モンスターバイクの展示会。あちこちで吹かす音がウルチャイ。流線型な赤や黄色の車体。う~ん、速いんだろうけど大型ならワタシはトライアンフとかのほうが好き。いや、トライアンフがいい。どうせ、真っ赤なら「AKIRA」の金田バイクで。「ピーキー過ぎてお前には無理だよ」某モーターショーでコンセプトモデルが出展してたらしいけど、写真で見た限りでは忠実に再現しすぎているのか、それともステッカーチューンをしていないからなのか、チト玩具っぽい。テクノロジー的なヴィジュアルが感じられないのが残念。コックピットが何となくゲーセンのガンダムっぽい。
某ラーメン店があったので入って腹ごしらえ。こんな味だったっけ?

道案内所の地図チェック。さすがにトロトロ帰れない。名阪国道。制限速度60km/h?嘘やろ?めちゃ交通量多いくせにどいつもこいつも100km/h以上で走っとるやないかっ!!とりあえず恐る恐る流れのままに走る。交通量が多い分怖い。前のクルマは頻繁にブレーキ踏むし、びびってスピード落とせばケツ掘られそう。しかも、カーブ多いっ!!このスピードであの交通量であのカーブはワタシにとって罰ゲームでしかない。カーブを曲がる度に眼前に壁が迫る。幾多の惨劇を物語る無数の衝突痕が恐怖心をあおり、視線の方向にバイクが吸い寄せられる。アレはアカンッ。何とかしてオクレッ!リュークが手招きしているよっ!「バイクは見ている方向に進む。」バイク屋の兄ちゃん、その通りっ!!”天理”こっからは有料。金は払わんっ!降りる。

ワタシ、今日ナンカ乗レテル。ワカッテキテイル気ガスル。コレヲ忘レチャアイカンッ!アソコヲ使ッテ帰ロウッ!前回ビビりっぱなしの恐怖の連続急カーブ阪奈道路。リベンジッ!とりあえず目指せ奈良公園。案内標識通りに走っていたら見た事のある風景。ん?お家逆方向。クルマ多くてUターンできず。右折する。ワタシはもう一回さっきの通りに出たい。前方からパンダカー出現。もっかい右折。入って気づく、ココ一通。逆走...。急ブレーキ。後ろには大嫌いなケイサツさん。バイク降りて押す。ケイサツさんスルー。居酒屋ノチラシ配リノ、若イ兄チャント姉チャン!オ揃イノエプロント頭ニタオル巻イテ居酒屋ノ割引券配ッテルクセニコッチ見テ仲良ク笑ッテンジャネーヨ!オマイラノ間ニ恋ハ芽生エネエヨッ!!呪イ殺スゾッ!!
阪奈道路。下り。ヤッパリ怖い。うん。それでも散々怖い目にあってきたからなのか、前回ほどじゃない。かなり遅いとは思うのだけれども、なんとな~く、ホント、なんとな~く走れた気がした。まあ、タイヤの真ん中しか使ってないんでしょうけど。だってバイクの限界なんぞ意味分からんもん追究して、車体倒して走るなんて命がいくつあっても足りへんやん?滑って転んで荒いヤスリのごときアスファルトに身を削られ、後続車にお腹のあたりをグンニャリ踏みつけられ、背中が壁に衝突しサバ折状態で、生駒の谷にバイクと共に転落したらイタイやん?一発で死なせてくれるならまだしも、微妙に生かされるのはゴメンです。

なんとか、奈良脱出。市内。雨。びしょびしょ。暗くなってきてたからシールドにはり付く水滴がクルマのヘッドライトを乱反射させめちゃ見にくい。ショートフェンダーは泥よけ効果全くなし。

伊勢神宮。イイコトアルノカ?神様タノミマスヨ。

ホントニ。
スポンサーサイト



 

Comments

Leave a Comment








1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30

top bottom
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。